車の下取りが買取りより安い3つの理由|査定額が上がる方法

赤いセダン

よくインターネットのサイトで「高く車を売りたいと思っているなら下取りよりも買取の方がオススメ」と紹介されています。確かに一般的な傾向として、買取専門店の方がディーラーの下取りと比較すると高額査定になることが多いです。なぜディーラーの下取りの方が安くなってしまうのでしょうか?今回は、車の下取りが買い取りに比べて安い理由についてまとめてみました。

販売経路の違い

車の下取りが安くなってしまうのは、いくつかの理由があります。まず、大きいのは引き取った自動車をどう売却するかです。買取専門店の場合、販売経路をたくさん持っています。

例えばカーオークションや課外への輸出、大手を中心として自社販売など豊富なルートを持っています。また例え事故車で使い物にならないものでも、パーツに分解して中古マーケットに売る方法も持ち合わせています。

一方ディーラーはそもそも中古車を売ることが主な仕事ではありません。あくまでも自社で販売している車を売ることが仕事で、下取りは付加的なサービスで実施しています。ですから買取専門店のように豊富な販売経路を持っておらず、下取りで買い取っても売れなかった場合の損失のリスクを考えるとどうしても安い査定金額になります。

査定基準の違い

また、そもそもの査定基準が異なるのも、買取と下取りの差の理由です。買取の場合、年式や走行距離などをチェックします。しかしディーラーでは、プラス査定になる範囲が狭いです。

例えば、社外品のオプションパーツをつけている場合、そのパーツが人気のものであれば買取業者ではプラス査定してくれることもあります。しかしディーラーの場合、どんなに人気のパーツでも純正品以外であれば、その時点でマイナス査定にされることが多いです。

他店との競争

さらに業者を取り巻く環境の違いも関係しています。

買取業者は今では日本全国にたくさんあって、マイカーを売りたいと思っている人の中には一括査定サイトを利用してどの業者に売却するかを決めている方も少なくありません。つまり買取専門業者は厳しい業界の競争にさらされているので、ギリギリ出せる高額査定を提示しなければなりません。

ディーラーへの下取りの場合、自動車を購入するためにお客さんはやってきます。ですから、あまりライバル店のことを気にする必要がないのです。実際お客さんの中には、自分の車の査定金額の相場も知らないケースも少なくありません。

競争をする必要がないので、より大きな利益を出すために査定金額が安いわけです。もちろんすべてのディーラーで上で紹介したような事情に該当するとは限りません。しかし複合的な理由で、買取よりも下取り金額の方が査定金額は安くなりがちです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*