車は購入時期によって値段が変わる?安いのはいつ?

いろんな色の車

だれでも欲しい車を安く買いたいと思いますよね。車を購入する時期はいつがいいのでしょう?新車と中古車とでは少し事情が違うようです。今回は車の購入時期についてまとめてみました。

新車が最も売れるのは3月

車を購入する時期ですが、新車と中古車で若干異なります。新車の場合、最もよく売れる時期は3月といわれています。これにはディーラーの事情が大きく関係していて、3月は決算のタイミングだからです。

もし販売台数を増やせば、メーカーからの報酬が大きくなるため、2~3月になると1台でも多く売りたいという気持ちが働きます。そこで購入するにあたって交渉を持ちかけてみると、店頭価格からさらに値引きしてくれることが期待できます

中古車は3月は決して安くない

3月は中古車もよく売れるのではないかと思うかもしれません。しかし中古車業界を見てみると、逆に価格が上がることもあります

新車は新規購入の方も多くいるでしょうが、中古車は乗り換えのほうが多いのです。そうなるとそれまで乗っていたものを下取りなり買取りに出しますから、中古車業界の流通が活発になります

そうすると在庫が多くなるので、価格は安くなると思うかもしれませんがそうでもないのです。この時期新年度に向けて、買いたいと思う人も多いのです。このため、全体的に需要が上がります。

結果的にオートオークションの相場も全体的に上がってしまうのです。したがって3月になれば中古車も安くなるだろうと思っていると、意外と安いものが見つからないといったことも起こりえます。

欲しい中古車を見つけやすいのは3月

中古車は2~3月になると価格が上がる傾向があると紹介しました。しかしそれでも買い求める人はたくさんいます。その理由として、流通台数が多くなるからです。出てくる台数が多いということは、それだけ選択肢が広がるわけです。

つまり自分が欲しい車が見つけやすいともいえます。ある程度の予算を決めておけば、その中で欲しいものを探せば該当する車も見つけやすいわけです。もし次の車にこだわりがあれば、あえて3月を購入時期とみる考え方もあります。

安く車を購入する時期は?

新車の場合、お金を使う時期に安くなる傾向があります。ゴールデンウィークやお盆休みの時、また夏と冬のボーナス時などが商戦となって、積極的に値引き販売をしています。

しかし中古車の場合は、ゴールデンウィーク明けとかお盆休み明け、ボーナス需要が落ち着いたところで価格が安くなる傾向が見られます

このようなお金を使う時期が過ぎると、多くの人の財布のひもは固くなります。そうなると中古車のようにリーズナブルな価格で販売されているものを購入しようとします。買い手は価格に対してシビアなので、売り手としては、販売台数を伸ばすためには値引きに柔軟に対応せざるを得ないのです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。