車の下取りに出す前の準備|やるべき事とやらない方がいい事

洗車

車を下取りに出す前にきちんと準備をすることで、より高い査定結果が出る可能性が上がります。そこで今回は、高額査定を引き出すためにするべき下取り前の準備についてまとめてみました。

車を下取りに出す前にする準備

車の下取りをする時に、査定金額を少しでも高くしたいですよね。そのためには、きちんと前もって準備することが大事です。事前の準備でまずできるのは、マイカーをきれいな状態にしておくこと。下取り査定の前に車を洗う人はよくいますが、外観だけでなく内装もしっかり掃除すると査定士の印象がよりよくなるはずです。

実は自動車の下取りの査定項目の中で、掃除ができているかどうかは含まれていません。しかし査定をする人も人間です。機械的に査定項目をチェックして金額を出すわけではありません。やっぱり最初の見た目の印象は、査定金額に大きな影響を及ぼすと言われています。

車の掃除をしてしっかり準備すれば、第一印象が良くなります。このため、プラスになりそうなポイントを積極的に見つけてくれようとして、結局査定金額のアップになるかもしれないわけです。仕事をしていて時間がないという人もいるでしょうが、できる限りで構わないのできれいにしておきましょう。

下取り査定の前に傷は修理するべき?

車の下取りに出す前の準備として、傷の修理をすべきかで迷う人もいるでしょう。どこかにぶつけた自覚がなくても傷がついているというケースも多いはずです。これは走行している時に道端に落ちている小石などを拾い上げてボディにぶつかった時にできたものでしょう。

傷の修理をすべきかどうかですが、まず大きな目立つ傷の場合、工場に出してプロに作業を依頼しないといけないでしょう。確かに修理をすれば、その分査定金額もアップするでしょう。しかし金額のアップよりもはるかに修理費用が掛かります。ですからそのままの状態で出してしまった方が、マシといえます。

自分で傷を修理する時の注意点

細かな傷の場合、コンパウンドなどをカー用品店で購入して自分で修理する方法もあります。しかし何度もコンパウンドや研磨剤を使って傷消しをしたことのある人ならいいですが、初心者であれば無理にチャレンジするのはお勧めできません。

うまくやらないと逆に傷の部分にムラができてしまって、傷が目立ってしまうこともあるからです。特に天候や光の当たり方によっては、はっきり修理した個所が見えることもあります。自分で修理する場合には、カラーのトーンを含めボディの色と合っているかどうか確認をしてタッチペンやスマートペンなどを購入しましょう。

細かな傷であれば、査定でそれほど大きなマイナスにはなりません。ディーラーでも査定するときには、中古車であれば多少のキズのあることを前提にしています。多少のひっかき傷であれば、そのままに査定に出してしまった方が安心です。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*