車の名義変更に必要な書類は?変更手続きで気をつける事とは

駐車場の車

車を売却するにあたって、名義変更の手続きをする必要があります。この名義変更の手続きをするにあたって、大きく2つのパターンがあります。一つ目は売却先の買取業者やディーラーに手続きの代行を依頼するのと、もう一つは自分で変更手続きを行う方法です。今回は、車の名義変更に必要な書類や手続きについてまとめてみました。

車の名義変更で必要な書類

買取業者やディーラーに名義変更を依頼する場合

もし店で名義変更手続きの代行を依頼する場合には、まず以下の書類が必要になります。

  • 譲渡証明書
  • 新旧所有者の印鑑証明書
  • 委任状
  • 車検証

この譲渡証明書と印鑑証明書、委任状にはそれぞれ押印をする欄が設けられているはずです。ここに押すハンコですが、すべて同じ種類のものでないといけません。また印鑑証明は発行されてから3か月以内のものでないと、書類が無効になるので注意しましょう。また、車検証の有効期限が切れていないかも確認しておきましょう。

名義変更を自分でする場合

もし自分で名義変更の手続きをするのであれば、上で紹介した書類の他にも以下の書類が必要です。

  • 新しく使用する人の車庫証明書
  • 手数料の納付書
  • 自動車税・取得税の申告書、申請書

車庫証明書は、発効日から1か月以内のものを提出するのが好ましいです。ちなみに手数料納付書以下は、名義変更手続きをする当日に準備できれば問題はありません。

車の名義変更の手続き

自分で変更の手続きをする場合には、自分の家のある地域を管轄している運輸支局で行います。運輸支局ですが平日のみの受付で、8時45分から11時45分まで、13時から16時までとなっていますので注意しましょう。

運輸支局に行くと申請書が渡されますから、必要事項を記入します。その上で登録手数料を支払って、ナンバープレートの返却をします。ナンバープレートの外し方ですが、窓口にそのやり方が書かれていますのでその通りに実行しましょう。ドライバーなどの工具も窓口に用意されています。そして先ほど紹介した必要書類を提出して、不備がなければ、名義は変更されます。

住所が変わっている場合は追加の書類が必要

引っ越した直後に売却した場合、人によっては印鑑証明書と車検証に書かれている住所が異なる場合があります。また結婚した直後の場合、名義の姓が違っているというケースも考えられます。

この場合、まず住所が異なっているのであれば、新たに住民票を追加して提出しなければなりません。もし名前が一致しないのであれば、戸籍謄本を役所でもらっておく必要があります。

ちなみに住民票も戸籍謄本も、発効日から3か月以内のものでないと有効になりません。ディーラーなどに任せる場合にはスタッフから指示があるので安心ですが、自分で手続きをする場合にはその流れを事前に把握しておきましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*