車検を合格するのにタイヤの溝はどれくらい必要なの?

グレーのスズキの軽

車検では様々な車のパーツに関してチェックが行われます。その中の一つに、タイヤの溝の深さがどのくらいあるかの検査項目があります。今回は車検を合格するのに必要なタイヤの溝についてまとめてみました。

車検の項目にタイヤの溝の深さがある

車検が新車の場合初回だけ3年後、そのほかは2年に1回のペースで行う義務が車のオーナーにはあります。車検では様々な車のパーツに関してチェックが行われます。

もちろん車の足であるタイヤの状態もチェックされます。その中の一つに、溝の深さがどのくらいあるかの検査項目があります。

もし溝がなくなってツルツルの状態になると、雨の日に運転すると車のグリップが十分でなくなり、スリップして事故を起こす可能性があります。溝によって水分を除去してくれ、路面にタイヤがしっかり接地してくれるのでスリップのリスクが軽減されるのです。

車検を合格するのに必要なタイヤの溝はどれくらい?

ちなみにどの程度の深さがあるかですが、メーカーや種類によって若干の違いがあるものの、新品の状態で深さは8mm程度が相場といわれています。

ちなみにタイヤには、スリップサインと呼ばれるしるしがついています。このスリップサインとゴムの表面が同じ程度の高さになると、車検に引っ掛かってしまいます。

スリップサインの盛り上がりが1.6mm程度といわれているので、タイヤの溝が1.6mmを切ったのであれば、車検を通すために新品に交換した方がいいでしょう。

車のタイヤのゴムの摩耗ですが、どれも一緒のペースで進むわけでもありません。片減りといって、外側は大丈夫でも内側を見てみるとスリップサインが出ているような車も見受けられます。

車検では1カ所でもスリップサインが出ていると通せませんので、一度足元の状態をチェックしておきましょう。スリップサインが出ていなくても、ある特定の箇所だけ摩耗が激しい偏摩耗が起きていると、注意を受けることもあります。

駆動方式やドライバーの運転の癖や車の使い方によっては、タイヤごとに2倍くらい摩耗のペースに差が生まれることもあります。ですから少しでも長く持たせるために、定期的に位置を変えている人もいます。

タイヤの交換のタイミングは?

タイヤの交換のタイミングですが、スリップサインが出てからではさすがに遅いです。車のオーナーを見てみると、溝が2mmから3mmくらいになったところで交換している人が多いようです。

しかし理想を言えば、新品から深さが半分くらい、つまり4mmくらいの深さになったところで取り換えることです。もしそのタイミングで取り換えるのが難しいというのなら、溝の深さが該当した時には安全運転を今まで以上に心掛けることです。

深さが半分を切ると、性能がガクッと落ちると言われているからです。特に雨の日に運転するときには、無理にスピードを出さない、カーブの前で十分に速度を落とすなどを心がけるべきです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。