バモスターボの燃費はいいの?維持費はどれくらいかかるの?

ディーラーの営業マン

デザインや機能性、走行性の良さで現在も非常に人気のある軽自動車に、ホンダのバモスターボがあります。購入を考えている人もいることでしょう。今回はバモスターボの燃費や維持費についてまとめてみました。

バモスターボの燃費はどれくらい?

ホンダから販売されているバモスターボの燃費に関してですが、ホンダのカタログなどで紹介されているものを見ると、10・15モードでリッターあたり14.8kmとなっています。

しかしこのカタログ値ですが、あくまでも参考程度に考えておきましょう。実際に街乗りをしてみると、このカタログよりは若干燃費が悪くなるのが一般的です。

車のポータルサイトなどでは、実際に車に乗っている人が体験した燃費に関していろいろと紹介されています。このポータルサイトに投稿されている実燃費についてみてみると、大体リッターあたり11~12kmといったところが相場になります。ただし車のオーナーによってかなりばらつきが見られて、中にはリッターあたり10kmに届かないような事例もいくつかみられます。

バモスターボの場合、オートマよりもマニュアル車の方が燃費の良い傾向が見られます。マニュアル車に乗っている人の燃費の傾向を見てみると、13kmとか14km、中にはリッターあたり15kmを超えているような数値を出している人もいるほどです。

もしマニュアルの運転を苦にしない人で、燃費を少しでも良くしたいと思っているのであれば、マニュアルのバモスターボを見つけるのがおすすめです。

バモスターボの維持費はどれくらい?

ガソリン代も含めた維持費がどのくらいかかるのかで車探しをしている人もいるでしょう。2016年で考えた場合、バモスターボは税金関係でみると年間では24000円程度かかります。

この内訳ですが、まず軽自動車税は10800円で、その他重量税と自賠責保険料を年間ベースに換算するとそれぞれ3800円と9490円となります。

バモスターボはエンジン排気量が660㏄で、それほどクルマのサイズも大きくないので、法定費用はそれほど大きくはなりません。

その他のガソリン代や任意保険車検の費用なども含めて年間にかかる維持費は36万円前後になるでしょう。軽自動車に含まれることもあって、維持費はかなり安いのでおすすめです。

もし維持費をできるだけ少なくしたいと思っているのであれば、バモスターボをマイカーとして購入するのも選択肢の一つとしてもいいのかもしれません。

ただし口コミサイトなどを見てみると、駐車場を持っていないと費用のかさむ事例も出てくるようです。たとえば駐車場代を月額1万円として、別途で負担するとなると、年間の維持費は50万円近くになってしまうことになります。引越しをする機にバモスターボに乗り換えようと思っているのなら、駐車場のついている物件を見つけることも大事なことかもしれません。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。