車下取り名義親 親名義の自動車を下取りに出せるか?

車の買い替え

色々な事情で実家にある親の名義になっている車を下取りに出したいという人は多いようです。親の代わりに下取りに出す場合の必要書類は何があるのでしょうか?手続きは?今回は、親名義の車を下取りに出す方法についてまとめてみました。

親の名義の車を下取りに出すには?

車の名義が自分ではなく親になっている場合、そのままでは売却することができません。ただし名義変更をして皆さんが所有者にするか、もしくは委任状や譲渡証明書などを準備すれば、下取りに出すことは可能です。

そのためには、親の印鑑証明と委任状・譲渡証明書を準備しなければなりません。委任状・譲渡証明書は実印の捺印されたものでないといけません。親に協力を仰げれば、それほど手続き自体は難しいわけではありません。

親が亡くなって車を下取りに出す場合

親名義の自動車を下取りに出したいという人の中には、親が亡くなったので処分したいからという理由もあるでしょう。この場合には、移転登録と呼ばれる手続きをしなければなりません。

陸運局と呼ばれるところで手続きをするのですが、先ほど紹介した譲渡などの手続きよりも提出する書類が多くなります。特に相続する権利を持っている人が複数いる場合には大変です。

まず、遺産分割協議書と呼ばれる書類を作成して、相続権を有している人全員の署名・捺印がないといけません。加えて、相続権を持っている人全員の印鑑証明書を準備しなければなりません。さらに故人と皆さんの関係を証明するために、戸籍謄本も提出しなければならなくなります。

色々と挙げましたが、これだけの書類を準備できれば、自動車を下取りに出せます。

売却に必要な書類

しかし、今度は売却するにあたっての書類を準備しなければなりません。車検証や自賠責保険証、納税証明書、親の印鑑証明書、実印、譲渡証明書・委任状、代理人の身分証明書が含まれます。

さらにこれらの必要書類に記載されている住所と現在住んでいる住所が引越しなどの関係で違っている場合、統一性を証明するための住民票をさらに準備しておかないといけません。このような書類を準備することで親名義の自動車を下取りに出すことはできますが、書類集めが大変ですね。

車の下取りで必ず必要な印鑑証明書

勘のいい人は、印鑑証明書が手続きをする時に必要になることは、ここまで見てお分かりになったと思います。

印鑑証明は役所で交付されますが、期間が指定されていることが多いです。ほとんどのディーラーで、発行されてから3か月以内のものを提出するように言われるはずです。そのため、あまり早く印鑑証明を取得しても、無効になる恐れがあるわけです。

> 車の下取りに必要な印鑑証明|何枚必要?有効期限はあるの?

特に親が他界した後で下取りに出す場合には、書類を準備するだけでもかなり大変なはずです。もし親が高齢になっていてそろそろ心配というのであれば、名義変更を早めに行っておいた方がいいでしょう。そうすればいざという時でも、スムーズに財産の処分もできるはずです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*