車の下取りで査定額を上げるコツ|基本の3つのポイントとは

車の下取り

車を下取りに出す時に少しでも有利な査定を出すコツを知っていますか?例えば、中古車の需要が高くなる時期を意識することで査定額が上がる可能性が高まります。そこで、今回は車の下取りでより高い査定額を引き出すコツについてまとめてみました。

中古車需要の高まる時期を意識しよう

車の下取りを出すにあたって、中古車の売れるシーズンを意識するのも高く売るためのコツの一つです。車の需要は、年間を通じて上下動がありますが、その中でも最も高くなるのは、3月ごろです。大学入学や就職など、新生活の準備に入っている人も多いです。心機一転、生活の足としてマイカーを購入したいと考える傾向があります。

その次に需要の高いシーズンは9月頃といわれています。秋になって新生活をするためにマイカーを購入したいという傾向が、3月程にないにしても高まります。そのほかには6月と12月のボーナスシーズンも需要が高まります。給料数ヶ月分の臨時収入があって、普段買えない高価なものを買っておこうという意識が強まるためです。

車の下取り価格は、先延ばしにすればするほどほど下がっていきます。そのため、売りたい時に売るというスタンスでよいと言えますが、3月、9月、6月、12月の需要が高まる時期を意識すると、高額の査定が出てくる可能性が高くなるでしょう。

誰でも簡単にできる車の下取りのコツ

また、ディーラーの営業マンはプロなので、しっかりと交渉しないとなかなか有利な査定額を引き出すことは難しいと言えるでしょう。そこで、車を下取りに出す時に簡単にだれもができるコツがあります。それは、下取りの相談に行く時に自分一人ではなく家族も一緒に連れて行く方法です。家族が一緒に行ってくれないのであれば、恋人や友人など、自分の側に立ってくれる人を連れて行くことです。

特に、あまり自己主張の強くない人は、値引き交渉など、言いたいことを言えないまま相手のペースで不利な契約を交わしてしまうことがよくあるからです。誰かがそばにいて、2対1で話ができればこちらのペースで交渉を進めやすくなるでしょうし、皆さんも味方がいる分心強さを感じて、言いたいことをきちんと主張できるようになります。

また、人によって気づくことが違うので、例えばこちらが気付いていないことを相手が見ていて、自分が思いもよらなかった角度から質問をしてくれることもあるでしょう。自分一人でディーラーと交渉するのは心もとないと思っているのであれば、誰かと一緒に下取りの交渉に行くとよいでしょう。

感情的にならない

少しでもよい査定額を引き出すには交渉が必要ですが、行き過ぎた要求は逆効果になります。ディーラーの営業マンも人間ですから、相手に対しての印象が悪ければ「これ以上値引きはしたくないな」と思ってしまうかもしれません。

下取りの交渉のコツですが、主張すべきところは主張しますが、相手に嫌な印象を与えないことです。そこで大事なのは、絶対に感情的にならないことです。平常心で冷静に、そして相手のこともリスペクトしながら交渉を進めることが重要です。相手の気持ちを損ねるようなことは避けましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*