車の窓が閉まらない時にまず試してみるべき3つの対処法は

車の走行距離と寿命

最近の車を見てみると、パワーウィンドウを使っているものがほとんどです。車の窓を閉めようと思っても閉まらないことが時折起こります。今回は窓の閉まらない原因と対処法についてまとめてみました。

車の窓が閉まらない時の原因と対処法、スイッチについて

まずはスイッチの不具合についてです。窓を動かすスイッチの内部のパーツが壊れていると、うまく操作できなくなります。ちなみに内部のパーツの中にはもろい性質のものもあって、ある程度の年数が経過したら交換する必要のある車種も見られます。

スイッチに不具合が起きている場合には、スイッチのところがぐらぐらしているとか、前のように動かないというケースが多いようです。このように今までとスイッチを操作した時の感覚に違いがないか確認しましょう。

ウィンドウレギュレーターに原因がある場合

もしスイッチに違和感がなければ、ウィンドウレギュレーターかモーターの不具合が考えられます。ウィンドウレギュレーターは、ドア内部にある機構のことです。

アーム式とワイヤー式とがあるのですが、アーム式の不具合であれば、窓を上下するときに異音が発生するはずです。その他にはガラスが斜めに上下する場合もありますから異変に気づきやすいです。

一方ワイヤー式の場合には、ワイヤーが切れて突然動かなくなることもありますので注意が必要です。

モーターに原因がある場合

モーターの劣化によって窓が閉まらない状態になることもあります。上で紹介したレギュレーターの動作が鈍くなると、モーターにかかる負担が大きくなって、動かなくなることがあります。

またモーターに関しても時間が経過すればするほど劣化も進みますので、寿命によって動かなくなることもあり得ます。

後者2つが原因で故障している場合、ドアの内側のところを外して、レギュレーターやモーターの状態がどうかを確認する必要があります。

しかし車に関して専門的な知識を持っていない人は、分解するのが不安とか、自分の目で見ても異変を確認できないのでは、と思う方もいるでしょう。

その場合にはディーラーや整備工場に持ち込んで、プロのメカニックの人に確認してもらうのがおすすめです。もしディーラーが開いていないとか、近くに修理できる工場がない場合には、ウィンドウは手で持ち上げることができます。そして見た目は悪くなりますが、ガムテープなどで貼り付けて応急処置をしましょう。

小さな子供のいる家庭は、チャイルドロックで窓が動かなくなることがあります。子どもが知らないうちにいじってロックがかかっている可能性もありますから、念のためロックの状態を確認しておきましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。