レギュラーガソリとハイオクの違いや燃費への影響はどう?

ガソリンを補充する車

ガソリンスタンドでは、レギュラーとハイオクがありますが、その違いについてよく分かっていない人も多いでしょう。今回はレギュラーとハイオクの違いや燃費への影響、もし混ぜた場合などについてまとめてみました。

レギュラーとハイオクの違いとは

レギュラーとハイオクの違いですが、専門的に言うとオクタン価の違いによるものです。スパークプラグに火花を飛ばす際に混合気に火がつくという異常燃焼現象のことをノッキングといいますが、オクタン価とはこの起こりにくさを数値化したものです。日本ではオクタン価がレギュラー90~91・ハイオク98~100と決められています。

平たくいうと、ハイオクの方が内燃機関で燃焼を起こしたときにノッキングが起こりにくく、安定して燃える性能を持ったガソリンといえます。

また発火点が高くなるという特徴もあります。発火点が高くなるというのは、燃えにくいガソリンとも言えます。燃えにくいガソリンを使うとエンジンパワーが弱まるのではないかと思う人もいるでしょう。

しかし混合気をより高く圧縮できるため、燃焼した時のエネルギーが高くなります。その結果、ノッキングが起こりにくくなるわけです。

ハイオク車にレギュラーガソリンは入れないほうがいい

ちなみにハイオク車にレギュラーガソリンを入れるのはやめた方がいいでしょう。というのもハイオク車はハイオクガソリンが入ることを前提にして、エンジンなどが作られています。

このため、高圧縮で点火時期も早めに設定しています。ここにレギュラーガソリンを入れると燃焼が不安定になって、ノッキングを引き起こしやすくなります。

ノッキングですが、エンジンにかけるダメージは思っているよりも大きいものです。最近の車種を見てみると、ノッキングセンサーがついていて、エンジンが故障しないような対策は施されています。それでも本来の車のパフォーマンスは期待できないでしょう。

レギュラーとハイオクは混ぜない方がいい

ハイオクとレギュラーは同じガソリンでも上でみたように違いがあります。この違いを理解していないと、車にダメージを与える可能性もあります。

たとえば両方のガソリンを混ぜるなどは避けるべきです。両者を混ぜると、異なるオクタン価のものが混合する形になります。

たとえばハイオク車にこの混合したガソリンを入れてしまうと、ノッキングが起こりやすくなります。その結果、例えば高速道路などで走行しているときに、10%程度のパワーダウンが起きることも考えられます。

周りにレギュラーガソリンがなくてガス欠寸前という場合の緊急事態の場合を除き、両者を混ぜるのはお勧めできません。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。