オイルプレッシャースイッチの故障で警告ランプが消えない時

車のダッシュボード

走行中パネル上でいろいろな警告灯が点滅します。そして消えなくて困ったという体験談もしばしば聞きます。今回はオイルプレッシャースイッチの警告ランプが消えない時の対処法についてまとめてみました。

オイルプレッシャースイッチは油圧に関してチェックする警告灯

車を走らせる際に、パネル上でいろいろな警告灯が点滅します。そして普通であればしばらくすると消えるのですが、警告灯が付きっぱなしになると「車に何か異常があるのでは?」と不安になりますよね。

インターネットで警告灯が消えなくて困ったという体験談もしばしば紹介されています。その中でも、オイルプレッシャースイッチの警告灯が付きっぱなしになったという口コミも時折見られます。

オイルプレッシャースイッチとは、油圧に関してチェックする警告灯です。エンジンへのオイルの供給が何らかの理由で不足した場合につきます。

もしエンジンへのオイル供給が十分でない状態がしばらく続くと、エンジンが焼き付いてしまって故障します。このオイルプレッシャースイッチの点灯ですが、いくつかのパターンが考えられます。

オイルプレッシャースイッチが点灯した場合の対処

まず坂道を走行している時にランプがついたり消えたりする、でも平坦な所を走行している時には特段問題が起きないというものです。これはエンジンオイルそのもの量が少なくなっているからかもしれません。

坂道の時車が傾いたところで、十分吸い上げることができずにランプが点灯している可能性が疑われます。この場合には、エンジンオイルを追加して十分な量を確保する必要があります。

ちなみについちょっと前にオイルを追加したのに、警告灯が点灯するケースもあるでしょう。エンジンオイルは通常急激に減ることはまずありません。となると、どこかで漏れの発生している可能性が疑われます。車の総合点検を行って、漏れている個所を確認することです。

もし漏れの箇所が見つからない場合には、エンジン内部部品のどこかで摩耗や破損が起きている可能性があります。エンジントラブルの場合、走行している時に白煙がマフラーから上がることも多いのでこちらもチェックしましょう。

オイルプレッシャースイッチはそもそも、油圧を感知しない時に点灯します。エンジンをかけている時に点灯するのはまだ十分に油圧を確保できていないからです。

もしこの点灯をできるだけ短くしたければ、アンチドレーン弁のついているフィルターを取り付けることです。この弁が付いていることで、エンジンが停止している時にオイルパンへ逆流するのを防ぐことが可能だからです。

オイルプレッシャースイッチはあくまでも油圧を検出するための警告灯です。オイルの汚れなどはチェックできないので、定期的にエンジンオイルやフィルターを交換することも大事です。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。