新車購入の際にかかる諸費用はどのくらい?

車の購入

初めて新車を購入するにあたって、本体価格以外にも諸費用というコストがかかってくることを念頭に入れておきましょう。では諸費用とは何でしょうか?今回は新車購入の際の諸費用についてまとめてみました。

新車購入の際の諸費用とは

新車購入の際、ディーラーで見積書が提示されます。この見積書の内訳を見てみると、本体価格以外にもいろいろな項目が記載されているはずです。

まず法定費用がいろいろと記載されています。自動車税や自動車取得税、自動車重量税、自賠責保険料がかかります。

金額は車種によって異なりますが、誰もが負担しなければなりません。ちなみに自動車重量税と自賠責保険料は、次の車検の3年後までの分を一括で前払いする形になります。

その他にはナンバープレート料金や自動車リサイクル料金、検査登録手続き代行費用なども掛かります。さらに自動車を買い替えた場合、ディーラーに下取りに出したのであれば、査定料金などが含まれている可能性があります。このようにいろいろなコストが新車購入時にかかることを頭に入れておきましょう。

ではどのくらい諸費用が掛かるのでしょうか?車種などによっても変わってきますが、目安になると言われているのが自動車の本体価格の10~20%程度というものです。

もし300万円の価格の自動車を購入したのであれば、30~60万円程度かかると思っておきましょう。実際の所は40~50万円が相場になるようです。このようにけっこう無視できない大きな金額を負担しなければなりません。

ディーラーに値引き交渉をしてみましょう

できることならコストを少しでもカットしたければ、ディーラーに交渉を持ちかけてみることです。実はカットできる項目もあります。

まず見積書を見てみると、納車費用というものがあるでしょう。これは自宅に自分の購入した自動車を持ってきてもらうための手数料です。しかしたとえば自分でディーラーに引き取りに行けば、納車してもらう必要がなくなります。通常1万円前後かかりますから、かなりの節約ができます。

また車庫証明書代行費用も含まれているはずです。車庫証明は自動車購入時に必要ですが、これはディーラーにお願いしなくても、自分で管轄の警察署に行って手続きができます。

平日の日中行わないといけないネックがあるものの、自分でできればこの費用もカットできます。だいたい1万2000~1万3000円程度のコストをカットできます。

このように交渉次第でカットできる項目もあります。見積書を受け取ってそれでおしまいにするのではなく、何か値引きできるポイントはないか見てみましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。