ロータスエリーゼの燃費や維持費はどれくらいかかるの?

ガソリンを補充する車

スポーツカーが大好きという人たちに定評のある車種に、ロータスエリーゼがあります。まず何と言ってもそのフォルムを見て、多くの人が虜になるようです。今回はロータスエリーゼの燃費や維持費についてまとめてみました。

ロータスエリーゼの燃費はどれくらい?

直線と曲線を微妙に使ったフォルムは、一目見ただけで洗練された走りをしてくれそうなことがわかるはずです。軽く作られているので、ちょっとアクセルを踏んだだけでも素直に加速してくれます。コーナリングも流れるように曲がっていってくれるので、走りの良さを追求したい人におすすめです。

スポーツカーといわれると、燃費が悪いのではないかと思う人もいるでしょう。しかし先ほども少しふれたように、ロータスエリーゼは車のウエイトが軽く設計されています。このため、見た目や走行性能から思われるほど燃費が悪いわけではありません。

実際にロータスエリーゼのオーナーで、自分が運転しているときの燃費をネットに投稿している人も多いのですが、リッターあたり13~14kmという数値は頻繁に出ています。

さらにていねいに運転している人になると、リッター15kmとか16kmといった数値を出している人もいます。スポーティな走りをしますし、ガソリン代のこともあまり気にする必要がないので、高い人気を維持し続けている車種といえます。

ロータスエリーゼの維持費はどれくらい?

ガソリン代があまりかからないので、ロータスエリーゼの維持費もそれほどではありません。まず法定費用についてみてみると、2016年でみますと、自動車税が39500円で自動車重量税と自賠責保険料がそれぞれ1年間の費用として換算すると1万円と11235円となります。このため、税金関係の維持費は年間61000円程度になります。

ちなみにロータスエリーゼには1.6とSというグレードがあります。両方とも法定費用に関しては上で紹介した額になります。しかしガソリン代や自動車保険料などの他の維持費も加えると若干異なります。

1.6の場合、年間で30万ちょっとになります。グレードSの方が維持費は若干高くなって、年間31万円程度になるでしょう。ひと月でいずれも3万円かからない計算となります。

手軽な価格でスポーツカーがほしいと思っているのであれば、ロータスエリーゼを購入するのも有力な選択肢になるでしょう。

上で紹介した維持費のシミュレーションですが、リッターあたり9kmの燃費で計算をしています。しかし実際の運転記録を見てみると先に紹介したとおり、12や13km程度を出している人はかなりいます。ですからガソリン代をコストカットできる可能性は高く、維持費もさらに安くすることは十分可能です。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。