リンカーンナビゲーターの燃費はどれくらい?維持費は?

ディーラーの営業マン

アメ車で人気のリンカーンナビゲーター、走りもルックスもワイルドで、一度は乗ってみたいですよね。しかし燃費や維持費が気になります。今回はリンカーンナビゲーターの燃費や維持費についてまとめてみました。

乗ってみたいアメ車、リンカーンナビゲーター

存在感のある車に乗ってみたいと思うのであれば、リンカーンナビゲーターがおすすめです。街中でもほかの車を威圧するような存在感があります。車内も広いですし、3列シートが設けられているので、大人数でドライブに出かける人に適しています。

エアサスが優れていて、長時間ドライブをしていても疲労を感じることはありません。搭載されているV8エンジンもパワーに申し分はなく、どのような道を走行してもストレスは感じないはずです。

リンカーンナビゲーターの燃費はどれくらい?

しかしアメ車、しかもサイズもかなり大型となると、燃費が悪いのではないかと思う人もいるはずです。実際にリンカーンナビゲーターが街中を走行した燃費の平均を見てみると、リッターあたり5kmちょっとというデータが出ています。

他の普通車などと比較すると、やや燃費に劣るかなという印象を受けるかもしれません。しかしオーナーの間でも燃費に関してはばらつきも見られます。

中にはリッター4kmちょっとしか出ないという人もいますし、一方でリッター7kmを超えてコンスタントに走行できているという人も見られます。ですから運転の仕方によって、燃費はある程度セーブできることがわかります。

リンカーンナビゲーターの維持費はどれくらい?

ではガソリン代も含めて維持費の観点で見た場合はどうでしょうか?リンカーンナビゲーターのエンジンの排気量ですが、5000ccを超えます。

2016年で考えると、自動車税は排気量ベースで決まるので、少し税額は高くなってしまいます。自動車税は毎年88000円程度かかります。自動車重量税ですが、1年当たりに換算すると3万円ぐらいになるといいます。

さらに自賠責保険料ですが、年間で11235円かかります。そうなると、リンカーンナビゲーターの年間維持費の合計は13万円弱となります。

その他にガソリン代や任意保険料などもかかってきます。自賠責保険だけでは十分な補償をカバーしているとは言えないので、もしもの時のためにやはり自動車保険には加入すべきです。

もし少しでも維持費を安くしたいと思っているのであれば、例えば運転する人を限定してみるとか、ゴールド免許を持っている人が割引になるサービスを活用するなどの工夫をすることが大事です。シミュレーションできるサイトもありますので、活用してみましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。