軽自動車と普通車の税金と維持費の違いはどのくらい?

白いエクステリア

マイカーとして軽自動車に乗っている人も多く、その理由として大きいのは、維持費が安いからというものです。ではどのくらいの差があるのでしょう。今回は軽自動車と普通車の税金の違いについてまとめてみました。

軽自動車と普通車の税金の違い

軽自動車の自動車税は普通車と比較して税額が安くなっています。しかし軽自動車税ですが、平成27年4月から増税されることが決まりました。その結果、従来の7200円から10800円に膨れ上がりました。つまり今までの1.5倍もの税金を納める必要が出てきたわけです。

たとえば平成27年3月に購入した人と4月に購入した人の税金の支払額を比較すると、10年間乗り続けると仮定して、実にたった1か月の購入タイミングの違いだけで、実に3万6000円もの税負担の違いになるわけです。

ところでこの軽自動車税の増税によって、普通車の自動車税と比較してどのような維持費の違いになるのでしょうか?ここでは新車で購入して、普通車の場合2000㏄クラス・重量は1.5トン超と仮定した場合の両者の比較をしてみます。

自動車税に関しては先ほども紹介したように軽は1万800円ですが、普通車は3万9500円となります。重量税に関しては、軽が3300円に対し普通は1万6400円となります。

自賠責保険は軽自動車が年間1万3185円なのに対し、普通は1万3920円となります。重量税に関してみると、まだ普通車の方がかなり負担は大きくなることがわかります。

軽自動車と普通車の維持費の違いは?

ちなみにあるサイトではガソリン代や車検代、任意保険料、駐車場代などを含めた年間の費用について比較しているものもありました。その結果、軽は32万7285円なのに対して普通は39万2320円となりました。年間で6万5000円近く、1か月当たりの平均で比較しても、5000円以上軽自動車の方が安いということになります。ですから軽自動車税が増税されても、まだ軽自動車の方が有利となりました。

どちらをマイカーとして購入した方が良いかですが、それはケースバイケースでしょう。もし近距離の移動が中心、家族を最寄り駅まで送り迎えするとか、近くのスーパーに買い物しに出かけるだけであれば、軽自動車でも十分問題ないでしょう。

しかし例えば高速道路を使って長距離移動をするのであれば、エンジンパワーの非力な軽自動車よりは普通自動車の方が快適といえます。ただし高速道路の利用料金も軽自動車の方が普通と比較して安く設定されています。近場の移動であれば、軽自動車で運転してもそれほど大きな支障はないかもしれません。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。