軽自動車とコンパクトカーどちらが良いか比較してみました

シルバーの軽自動車

燃費があまりかからずに、小回りの利く自動車がほしいと思っている人はいませんか?その場合マイカーの有力な候補になるのが、軽自動車とコンパクトカーです。今回は軽自動車とコンパクトカーの比較をしてみました。

軽自動車とコンパクトカーをコストで比較した場合

軽自動車とコンパクトカーのいずれにすればいいのかで迷う人も多いでしょう。それぞれを比較した場合、良いところと悪いところがあります。結局自動車を選ぶにあたって何を重視するかによって、どちらを購入した方がいいのかは変わってきます。

もしコストをできるだけ削りたいと思っているのであれば、コンパクトカーと比較すると軽自動車の方が一枚上手です。車種によっては、新車でも100万円を切る価格で販売しているものもあるほどです。

またメンテナンスコストを比較しても、軽自動車の方が有利です。まず燃費はコンパクトカーもなかなかいいですが、軽自動車はタイプ別だと群を抜いています。また自動車税などを見ても、軽自動車であれば半分くらいの費用負担に抑えることができます。

車両価格についてですが、ターボエンジンの搭載されている軽自動車も最近では販売されています。パワーがあるものの、コンパクトカーと比較するとあまりお得感がなくなりますから、その点には注意した方がいいでしょう。

軽自動車とコンパクトカーを走行性能で比較した場合

ただし走行性能で比較すると、コンパクトカーの方が有利です。軽自動車の場合、問題になるのはエンジンパワーの脆弱さです。高速道路を頻繁に走行するとか、近所に急な上り坂があるとパワー不足を感じるでしょう。

コンパクトカーであれば、形状は小さくてもしっかりと走破してくれるだけのパワーを持ち合わせています。また軽自動車の場合、特に高速道路を走行していると実感するかもしれませんが、意外とエンジン音がうるさいことも多いです。

コンパクトカーの場合、エンジン技術も進歩していて、静粛で快適に車内で過ごせるような車種も登場しています。安定感もありますので、長距離ドライブをたびたびするのであれば、コンパクトカーを購入した方がいいでしょう。

軽自動車もコンパクトカーも、車内空間を広く確保している

いずれもサイズが小さいので、車内で窮屈な思いをするのではないかと思う人もいるでしょう。しかし最近の軽自動車もコンパクトカーも、車内空間を思ったよりも広く確保している車種が多いです。

車種によっては、大人4人が乗車してもそれほど圧迫感のないものも出てきています。収納に関しても同様で、例えばスーパーなどで1週間程度の日用品をまとめ買いしても、荷物が入りきらないといったことはないでしょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。