アイドリングストップ車のバッテリーの寿命はどれ位?

赤いセダン

最近は環境に優しいアイドリングストップ車を多く見かけますが、アイドリングストップ車のバッテリーは車が止まっている間も動いているのを知っていますか?今回は、アイドリングストップ車のバッテリーの寿命についてまとめてみました。

車が止まっていても、バッテリーは働いている

最近では、アイドリングストップ機能を搭載したものも多く見られます。信号待ちなどで停車すると、自動的にエンジンを停止させることのできるシステムですね。

このシステムを活用すれば、無駄なガソリン消費が防げ、ガソリン代の節約になります。また CO2の削減にも貢献できるので、地球環境にもプラスなので、今後更にアイドリングストップ車を乗る人が増えていくと思われます。

良いことばかりのアイドリングストップ車のようですが、あえて欠点をあげるとアイドリングストップ車の場合、通常のバッテリーと比較すると寿命が短くなる傾向があるので注意が必要です。なぜ、バッテリーの寿命が短くなるかというと、エンジンが停止しているときにカーナビやエアコンを動かすためには、バッテリーから供給される電力が必要になるからです。

このため、従来の車以上に発電機から短時間で電力を蓄えることが求められます。すなわち充電と放電を頻繁に繰り返すので、大きな負担をかけてしまうのです。

アイドリングストップ車のバッテリーの寿命はどれ位?

もちろん、アイドリングストップ車を作っているメーカーでも、その点は織り込み済みです。このため、従来と比較して高性能のバッテリーを利用しているものがほとんどです。

しかし高性能のバッテリーが使用されているものでも、3年以上経過している場合、そろそろ寿命が近づいている可能性が高いので、交換の準備をしておく方がよいでしょう

ちなみにバッテリーが寿命に差し掛かった時、エンジンが信号待ちで止まって、動かなくなったらどうしようと心配する人もいますが、バッテリーの状態は常にモニタリングされていて、信号待ちなどで停止した時にエンジンが止まることのないように作られています。ですから交差点で立ち往生してしまうといった心配をする必要はありません。

アイドリングストップ車のバッテリーの交換費用は?

もしバッテリーが寿命になってしまったのであれば、新しいものと交換する必要があります。しかしアイドリングストップ車の場合、通常のものと比較して交換費用が高くなる傾向が見られます

どの程度費用に差があるかは種類によっても異なりますが、場合によっては2~3倍も費用がかかるケースも考えられます。ですからもし寿命が近づいているのであれば、交換することなく車そのものを買い替えてしまうのも一つの選択肢としてありでしょう。

一括査定サイトを利用すれば、今皆さんが乗っている車の売却価格の相場を把握できます。無料で利用できますし、24時間好きな時に活用できるので参考までに一括査定サイトで車の現在の価値をチェックしておくとよいでしょう。

それなりの価格で売却できるのであれば、乗り換えも真剣に検討してみてはいかがでしょうか。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。