ハイブリッド車のメリットとデメリットを紹介します

車の買い替え

2種類の動力源を組み合わせたハイブリッド車が販売されています。多いのはガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせて走行するものです。今回はハイブリッド車のメリットとデメリットをまとめてみました。

ハイブリッド車のメリットとデメリット

ハイブリッド車が注目されるようになったのは、なんといっても燃費の良さにあります。ガソリンエンジンオンリーではなく、電気モーターも使って自動車を走らせます。

このため無駄にガソリンを消費する必要がなくなり、一般の自動車と比較すると燃費が伸びるわけです。ガソリン代が家計を圧迫しているとお悩みの方がいれば、ハイブリッド車に乗り換えるのはメリットがあるといえます。

またハイブリッド車のメリットとして、エコである点にも着目しましょう。電気モーターで発進をすれば、ガソリンエンジンのように排気ガスを出す必要がなくなります。

いわゆるエコカーの一種と言えるわけです。実際ハイブリッド車の中には、国の定める排気ガス削減の基準をクリアしているものもあって、エコカー減税の対象になっている自動車も見られます。

自動車関係の税金が安くなれば、その意味でも節約の恩恵が受けられます。電気モーターを使っているので、エンジンのように振動や騒音もあまり気にする必要がなく、快適に車内で過ごせるのもメリットといえます。

ハイブリッド車はガソリン車より値段が高い

このようにハイブリッド車にはいろいろな魅力がありますが、その反面デメリットもあります。ハイブリッド車のデメリットの中で大きいのは、値段が通常の自動車よりも高い点です。

通常であればガソリンエンジンだけがあればいい所を、ハイブリッド車になると発電機やモーター、バッテリーなどを乗せないといけません。コストのかかる分、どうしても値段が高くなってしまいます。ガソリン車と比較すると、新車で数十万円くらい値段が高いでしょう。

ハイブリッド車の特色として、燃費の良さにあると紹介しました。しかし使い方によっては、この魅力の恩恵を受けられないケースも出てきます。

たとえば、高速道路をしばしば利用する方です。高速域を運転すると電気モーターの動力だけでは追いつかないので、ガソリンエンジンを投入し続けないといけなくなります。

結果的に燃費が悪くなってしまうわけです。頻繁に高速道路を利用して長距離移動をする人にとっては、ハイブリッドカーをマイカーにすると、むしろデメリットになってしまう恐れもあるわけです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。