ハブボルトの交換にかかる工賃や修理期間はどれくらいなの?

古い車

ハブボルトは、車にタイヤを固定するためのボルトですが、タイヤ交換をする時などひん曲がったり折れたりすることがたびたびあります。今回はハブボルトの交換にかかる工賃や修理期間についてまとめてみました。

ハブボルトそのものは高くない

車とタイヤですが、ホイールナットで固定されています。ハブボルトは、この車にタイヤを固定するためのボルトをさします。もし変形してしまったり壊れてしまったのであれば、交換する必要があります。
ハブボルトそのものの代金ですが、あまり気にする必要はないでしょう。数本セット数百円、1本あたり100円前後と思ってください。

ディーラーで修理をする場合には、純正品が使われるためやや高価になるでしょう。しかしそれでも1本せいぜい300円ですから、大きな金銭的負担というわけでもありません。

ハブボルトの交換にかかる工賃や修理期間はどれくらい?

ただしハブボルトの交換をする時には、工賃に注目する必要があります。実はハブボルトの交換をするにあたって、車種によってかかる時間がかなり変わってきます。

車によっては1時間以内で作業が完了するようなものもあります。一方で車の内部の構造が複雑で、作業するのに3時間以上かかってしまうようなものもあります。

3時間を超えるとなると、車上で手軽に作業ができません。また特殊な工具などを持ってきて交換しないといけない車種もあります。

さらにハブボルトですが、前輪と後輪に取り付けられています。そして同じ車種であっても、前輪と後輪では交換に必要な時間が変わってきます。

車種によって多少の違いがありますが、一般的な傾向として前輪の方が後輪よりも作業に時間がかかる、言い換えれば工賃が高くなる傾向があります。

時間当たりの工賃ですが、ディーラーはやや高く8000円・その他の整備工場などでは6000円を基準としているところが多いです。

工賃は作業時間で算出されるので、車種によってかなり違いが出てきます。簡単に取り換えることのできる車種であれば、整備工場で行った場合ボルト1本あたり4000円を切るような工賃のものもあります。

一方で時間がかかるボルトであれば、整備工場で行うと1万円を超え、ディーラーでお願いすると13000円を超えるような車種も見られます。このようにどの車種・どこで整備するかで2~3倍も費用が変わってしまいます。

もしハブボルトの交換をディーラーや整備工場でお願いする場合には、まず見積書を作ってもらうのがおすすめです。そして費用を負担するかどうか考えましょう。

あまりに高額であれば、車の買い替えを検討するのもいいかもしれません。一括査定サイトなどを使って、どの程度の価値があるかチェックしてみましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。