車の下取り交渉は三段階に分けるのがコツ!これで査定額UP!

車の購入

車を下取りに出すにあたって、少しでも下取り価格を高くしてもらいたいと思う人がほとんどだと思いますが、あなたは交渉する時のコツを知っていますか?今回は少しでもよい査定額を引き出すために効果的な三段階の下取り交渉のコツについてまとめてみました。

車を下取りに出す時の交渉のコツ

実はディーラーに交渉を持ちかけてみると、多少査定金額がアップすることもあります。ただしやみくもに交渉を持ちかけても、相手もプロですしなかなか乗ってきません。値段の話し合いをする場合には、漠然と金額がアップすればいいやと思っていると、失敗する可能性が高いです。そこで重要なのは三段階の交渉術をマスターすることです。

一段階目の交渉

最初の段階では、査定金額そのものをアップする方法です。しかし、査定金額のアップに関しては、ディーラーとしてみても限界があります。ディーラーごとに車両の基本価格などを決めています。その基本価格を超えるような査定金額は提示できません。

おそらくいろいろとやり取りをしていく中で値引き金額が徐々に大きくなります。しかし一定のラインまで来ると営業マンも「これがぎりぎりの金額です」といって、それ以上粘ってみてもこう着状態に陥るはずです。ここでいったん身を引きましょう。できないもので粘ったところで時間の無駄だからです。

二段階目の交渉

金額交渉で膠着状態になったら次に第二段階の交渉を持ち出します。それはオプションにおける値引きができないか持ちかけてみる方法です。例えばこれ以上下取り金額をアップできない、すなわち車両本体の値引きができないのであればつけようと思っているオプションの値引きはできないかと話を振ってみましょう。

ディーラーによっては、車両本体とオプションを切り離していることも結構あります。そうなると本体価格とは別にオプションで値引きをしてくれる場合もあります。ダメもとでチャレンジしてみたところ、相手が話に乗ってきたといった話もしばしば耳にします。

最後の一押し

下取り交渉の最後の一押しをするのは、契約を交わす直前のタイミングが一番効果的でしょう。すったもんだがあって、やっと契約に持ち込めた、ディーラーとしてみればほっとして気が緩んでしまいがちです。

そこでたとえば「キリがよくないのでこの端数はカットしてもらえませんか?」と持ちかけてみましょう。意外とディーラーは端数くらいであれば応じてくれることもあります。そのほかには「何かオプションを追加でつけてもらえませんか?」といってみると相手が乗ってくることもあります。

最後の最後の段階で、下取りの話がなかったことにされてはディーラーとしてもたまったものではありません。無理なお願いでもない限り、案外乗ってきますので最後の一押しはやってみるだけの価値は十分あるでしょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*