車をローンで買う時の頭金の目安は?総返済額を比較してみました

車の購入

車を購入するにあたって、手持ち資金だけでは不十分なのでオートローンを利用したいと思っている人もいるでしょう。そこで気になるのが、ローンを組むのにどれくらいの頭金を用意するかではないでしょうか?そこで今回は、オートローンの頭金についてまとめてみました。

車を買う時に頭金は必要?

たとえば住宅ローンを組むときに頭金が必要なように、オートローンを組むときにも頭金が必要と多くの人が思っています。しかし、実際は必ずしも頭金を準備する必要はないのです。もちろん準備できるのであれば準備した方が審査も有利です。まとまった金額の頭金を用意することで、たとえば低金利などより条件の良いローンを組める可能性も高まります。

ローンで車を買う時の頭金の目安は?

ローンの審査基準は公表されていませんが、よく言われる目安が年間のローン返済額が年収の4割を占めているかどうかです。もし年収300万円の人がローンを組む場合、年間のローン返済額が120万円、言い換えると月々10万円以上の返済になっていないかどうかが目安になるわけです。

ちなみにこのローン返済額の目安ですが、他にも住宅ローンやカードローンを利用している場合、その返済額も合わせて4割を超えていないかどうかがポイントになります。

4割を超えると確実に審査を落とされるということではないですが、審査の通過率が低くなると言われています。オートローンを組もうと思っている人は、自分が購入を検討している車の場合、4割という目安をオーバーすることがないかチェックしましょう。

頭金のあるなしで大きく変わる総返済額

頭金の目安に関しては、特別これだという具体的な金額は決められていません。しかし準備できるのであれば、できるだけ多く準備するのが基本です。先ほども紹介したように審査通過の可能性が高まるだけでなく、後々の返済の負担も軽減されるからです。

それでは、具体的な事例で比較してみましょう。

300万円の車があったとして、一方は頭金なしでローンを組み、他方は100万円を自己資金で準備して、残り200万円をローンで借りたと仮定します。両方とも3年の返済期間・返済金利を年利6%と仮定した場合、前者の場合毎月の返済額は91000円強になり、総返済額は328万円程度になります。

しかし100万円を自分で準備した後者の場合、毎月の返済額は61000円弱となり3万円程度も返済の負担が軽減されます。総返済額も自己資金込みで319万円程度になります。利息の支払い負担も9万円以上少なくなるわけです。

頭金の金額 返済期間 返済金利 毎月の返済額 総返済額
頭金なし 3年 年利6% 91000円強 328万円程度
100万円 3年 年利6% 61000円弱 319万円程度

このように自己資金を少しでも準備して、借入額を少なくした方が後々の返済もしやすくなります。もしマイカーを購入しようと思っていて、自己資金だけですべて準備するのが難しくても、できるだけ貯金をした方が良いでしょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*