車の名義変更にかかる費用の内訳|2つの税金がかかる場合も

赤いセダン

個人売買や親の車を譲ってもらうなど、車の名義変更が必要な場合、どれくらいの費用が発生するのでしょうか?名義変更に伴う費用はいろいろとあるので、今回はその内訳についてまとめてみました。

車の名義変更に必要な費用

車の名義変更をする場合、まずは証紙代や登録印紙代がかかります。証紙代は、都道府県によって料金が微妙に異なりますが、だいたいどの地域でも2600円程度が相場になると思って準備しておきましょう。登録の申請書類に印紙や証紙を貼り付けて提出する形になります。登録印紙代は、普通車の場合には500円となります。

ナンバープレート代が必要な場合も

名義変更をするにあたって、ナンバープレート代も負担する必要があります。これは管轄転入でナンバーが変更する場合のみに必要になります。ちなみにいくらかかるかですが、これはどこからどこへ移動するのかによって料金が変わり、たとえば東京大阪間の管轄転入であれば1440円程度からになります。

もし希望ナンバーがあれば、それはできる限り対応してもらえます。希望ナンバーにするためには、前もって予約手続きをしなければなりません。現在ではWEBサイトから手続きができるので、手軽に行えるようになりました。

自動車取得税

名義変更手続きをするにあたって、自動車取得税の負担をしなければなりません。ちなみに普通車の場合、マイカーの時価の5%を取得税として納税する必要があります。この時価ですが、一般的に考えられている時価よりも税事務所の時価は低くなる傾向が見られます。税事務所の時価が50万円以下だった場合には、課税額がゼロになるため、税金を負担する必要がなくなります。

自動車税がかかるケースとは

その他に発生する可能性のある費用として、自動車税があります。前の所有者が減免を受けているときに発生するのですが、月割で課税される可能性もあり得ます。その他には車庫証明取得をする時に賃貸物件などで大家さんから保管場所使用承認証明書を取得しなければなりません。このようなコストの発生する可能性があります。

名義変更手続きの代行

ちなみに名義変更手続きをするにあたって、ディーラーや買取業者で売買するときに店にお願いして事務手続きの代行をすることも可能です。自分で必要書類を作成するなどの手間が省けますので、販売店などで取引するときには代行をお願いする人も多いです。

この場合には、代行手数料などがかかる可能性もあります。手数料がいくらになるかですが、見積書の諸費用の欄に記載されているはずです。店によって若干の違いがありますが、大体15000円から3万円といったところが相場になると思ってください。自分で手続きできるのであれば、この分の費用を浮かせることもできます。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*