中古車の値引き相場はどれくらい?うまく交渉するポイントとは

車の営業マン

新車は高いから中古車にしようと思っても何十万円、車によっては何百万円の出費になるので、できることなら少しでも安く購入したいというのが、多くの人の本音ではないでしょうか。そこで今回は、中古車を買う時の値引き相場や交渉術についてまとめてみました。

中古車の値引き相場はどれくらい?

中古車販売店では、値引き交渉もしばしば行われています。値引き交渉ですが絶対に応じてもらえるという保証はないものの、話を聞いてくれるスタッフは多いです。「この車が欲しいけれども値段が…」という場合には、安くしてもらえないかどうか、まずは交渉してみましょう。

値引き交渉するにあたって重要なのは、どの程度安くしてもらえればOKか、その目標額をイメージしておくことです。車の価格によっても変わってきますが、通常値引き額の相場になるのは数万円から10万円程度だと思ってください。元の値段の高い外車や高級車であれば、20万円くらいの値引きになることもあります。

この相場を参考にして、どこまで価格が安くなれば手を打つかを決めておくことです。どこまでも「もう少し安く」と粘ってしまうと、相手も心証を損ねる可能性も出てきます。良きところで手を引くことも交渉するためのテクニックといえます。

本体価格以外を値引きしてもらう

値引き交渉をするというと、車の本体価格を安くするための交渉と思う人も多いでしょう。しかし中古車を安くするには本体価格以外のところでも意外とポイントがあります。

そのためにチェックしたいのが見積書。中古車を購入するときに、見積書が販売店から提示されるはずです。見積書には本体価格以外にもいろいろな費用が含まれています。その中でも「○○代行費用」というところに着目しましょう。

たとえば「車庫証明代行費用」とか「下取り車手続き代行費用」といったものが記載されているはずです。たとえば車庫証明ですが、皆さんでも比較的簡単に手続きができます。もし必要のない代行費用があれば、「これは自分でできますから外してもらえませんか?」と持ちかけてみましょう。そうすれば、少なくても数千円、いくつか諸費用をカットできれば何万円単位で価格が安くなることもあります。

値引き交渉はしないと損

見積書を提示されたら、思い切って「どの部分であれば値下げできますかね」とお店の人に聞いてみるのも一つの方法です。そんなに単刀直入に聞いても相手が乗ってくるのか疑問という人もいるかもしれませんが、実際の交渉の中では、「ではこの部分を半額にするということで…」といったように話の進むことが案外あります。

と言うのも中古車の場合は、もともと値下げすることを前提にして店頭価格を出している傾向があります。ですから、意外と値下げに応じてもらえる可能性が高いのです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*