車は走行距離がどれくらいで寿命になる?

車の走行距離と寿命

車はどれくらいで寿命がくるのでしょうか?走行距離が長くなればなるほど車の負担も増え、故障も増えてきます。しかし、果たして走行距離だけで車の寿命が決まるのでしょうか?車の寿命を判断する方法についてまとめてみました。

車の寿命と走行距離の関係

車の寿命ですが、走行距離で判断するのは難しいと思います。よく買取業界で「走行距離10万キロが寿命」と紹介されることがあります。しかしこれはあくまでも10万キロを超える走行距離の自動車は買取市場で価値はゼロに等しくなるという意味での寿命です。実際にはまだまだ走り続けることのできるものも数多くあります。

たとえば海外では日本車は高く評価されていて、過走行に陥っているものでもどんどん買取りしてくれます。発展途上国を中心として、20万とか30万キロを超えてなお現役バリバリで問題なく走行しているものもざらにあるくらいです。

その他の判断材料

では寿命はどのような所で判断すべきかですが、やはりコンディションをチェックするのが一番だと思います。前と比較して、いろいろと不具合が頻繁に発生するようになれば、そろそろ手放すタイミングなのかなと思った方が良いでしょう。

分かりやすく例を挙げると、ブレーキの効きが悪くなったとか、エアコンをガンガンにかけてもなかなか快適な室温になってくれないといったトラブルです。もちろんその不具合の生じている箇所を修理して乗り続けるという方法もあるにはあります。しかしまた別のところで不具合が起きる可能性もあるわけで、不安を抱えながら運転しなければならなくなるでしょう。

燃費もチェックしよう

燃費もチェックすべきポイントです。少し前と比較して同じような頻度で運転しているのに、ガソリンスタンドで給油するペースが速くなったような気がするという人はいませんか?これはもしかするとエンジンなどの機能が劣化していることが関係しているかもしれません。エンジンが劣化すると、昔よりもガソリンを食う可能性が考えられます。

ガソリンは投機マネーの流入などで、先物市場が高騰することがしばしばあります。リッター150円くらいすることもハイオクではあると思います。ガソリンを昔よりも食うようになったらガソリン代もバカにならないし寿命と考えて、買い替えを検討した方が良いかもしれません。

車の寿命を伸ばすには?

ちなみに車の寿命ですが、いくらでも伸ばすことは可能です。たとえばエンジンオイルなど消耗品をしっかり交換するなどのメンテナンスを心がけるようにすれば、走行距離が伸びても不安なく走行させることも十分可能です。

消耗品は自分で交換するのも良いでしょうし、もし自分でやるのに自信がないのなら、ディーラーや近所の整備工場にお願いするのもありだと思います。このように、車の寿命は決して走行距離だけでは推し量れるようなものではないと思っておきましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*