新車の納車までの期間はどれくらい?早く手に入れる方法とは

ディーラーの営業マン

新車の場合、気になるのが納車までにかかる時間です。かなりの期間待たされたという話はよく聞きます。なぜそんなに時間がかかるのでしょうか?今回は新車の納車期間についてまとめてみました。

新車の登録だけでも1週間近くかかる

新車を購入したことのある人に話を聞きますと、「納車までにかなりの期間があった」という話をしばしば耳にします。なぜ納車に時間がかかるかですが、理由の一つに新車の登録制度が関係しています。

新車を注文すると、いろいろな事務手続きをしなければなりません。車庫証明が発行されるまでに申請から3~5日かかってしまいます。また印鑑証明書などの必要な書類の準備と、陸運局で登録するのにそれぞれ1日ずつはかかると見ておくべきです。つまり登録するだけでも、1週間近くかかってしまいます

新車がディーラーに届くまでの期間も考慮しよう

そしてもう一つ、新車がディーラーに届くまでの期間も検討しないといけません。注文した車種の在庫があれば、比較的簡単に納車ができます。ディーラーにあれば最もスムーズです。次にメーカーの工場に在庫があれば地域によって差はあるものの、早ければ2日、かかっても5日くらいで来るはずです。

ここで問題になるのは、注文した車種の在庫がなかった場合です。この場合、これから工場で生産される予定の車を引き当てないといけないのですが、生産計画がどうなっているかは車種によっても異なります。

たとえば人気の車種であれば、見込み生産を行いますから早めに納車される可能性も高くなります。しかしあまり人気のない車種で、メーカーも積極的に生産していない場合には時間がかかってしまいます。中には発注してから納車されるまでの期間が、数か月単位でかかるということも珍しいことではありません

たとえば車の買い替えをするにあたって、車検が近づいているからという理由の人もいるでしょう。しかしもし納車に手間取っていると、肝心の車検の期間が切れるまでに用意できないといった事態も起こりえます。もし車検切れが近づいているので早めに車を確保しておきたいと思っているのなら、早めに行動を起こすことが大事です。

早く新車を手に入れるには

またはやく車を確保したければ、どれを選ぶかに工夫をしましょう。先ほども見たように、ディーラーにある車であれば、早く手元に届きます。たとえば展示車をターゲットにすれば早めに届くはずです。

その他にもオプションを取り付ける時には、メーカーの工場で最初から取り付けられているのであれば問題ないのですが、後付けになるとその作業分だけ時間がかかります。しかも部品の在庫がないとなると、さらに期間が長引きます。このようなポイントに注意すれば、発注してから2週間くらいで車の届くことも十分あり得ます

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。