車検の見積もりにかかる時間はどれ位?早く出してもらうコツとは

水色の軽

忙しいあなたにも必ずやってくる車検。車検の前にあらかじめ見積もりを取っておくことで、お金の準備もできます。ただ、見積もりが出るまでにどの位の時間がかかるのでしょうか?今回は、見積もりを早く出してもらうコツを紹介します。

車検の種類と見積もりが出るまでの時間

車検の見積もりは早く出してもらうにこしたことはありません。

車検を依頼するときに、業者に見積もりを出してもらえばあらかじめ準備する費用がわかります。ところでこの見積もりにかかる時間がどのくらいかかるかですが、どのようなアプローチをとるかによって変わってきます。

一般的に車検証などの書類だけでおおよその費用を出してもらうパターンと実際に車を見てもらって費用を出してもらうスタイルの2種類があります。

前者の場合、実際に車を見ていないのに大丈夫かと思う人もいるでしょうが、車検証などの書類には年数や走行距離などが記載されています。これらの情報をもとにすれば、整備項目や費用があらかた分かるのです。車検の見積もりが出るまでにかかる時間ですが、だいたい30分程度で完了すると思ってください。

次に車を実際に見てもらって見積もりを出してもらう場合、業者に多くの車が持ち込まれていれば、自分の番が来るまでの待ち時間が生じます。混んでいると待ち時間でさらに30分、合計で1時間以上かかってしまうこともあり得ます

なぜ、そんなに時間がかかるとかというと、車検証や車の状態を確認してから、必要になる部品代や工賃を計算し、それを元に見積書が作成されるので、ある程度の時間はどうしてもかかってしまうのです。

早く見積書を出して欲しい人は予約をしておきましょう

中には貴重な休みや空き時間を利用して、見積もりを取ってくるという人もいるでしょう。その場合、できるだけ早く見積書を出してほしいと思っているはずです。

その場合に抑えておきたいポイントとして、飛び込みではなくあらかじめ予約をしておくことが大事です。もし飛込みだと業者にお客さんが殺到しているときには後回しにされる可能性が高いからです。しかしあらかじめ予約をとっておけば、ディーラーでも整備工場でも優先的に見積もりを取ってくれます。待ち時間がほぼなくなるので、30分くらいで見積書を作成してもらえるでしょう。

あらかじめ見積書を取って、安心して車検を受けましょう

仕事が忙しくてなかなか時間が取れないという人もいるでしょう。その場合には、いきなり業者に車を出して車検をお願いすることもあるかもしれません。この時いくつかデメリットがあるので注意しましょう。

たとえばやらなくてもいい部品交換をされてしまうとか、整備項目が比較できない、さらに費用が妥当なのかどうか判断できないといった問題点が生じます。体験談などを見てみると、自分が想定していたよりも高額な費用を請求されてしまったという意見も寄せられています。

トラブルなく車検を通したければ、事前に見積書を業者に取っておくことをおすすめします。またどうしても無理な場合には、あらかじめ予算を業者に伝えておくように心がけましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。