車の下取りでETCは取り外す?プラス評価になる機種とは

高速道路の料金所

頻繁に高速道路を利用する人の中には、車にETCを取り付けている人もいるでしょう。もし車の買い替えをするにあたってディーラーに下取りに出す場合に、このETCをそのままにすべきか取り外すべきかで迷う人もいるではないでしょうか。そこで今回は、車を下取りに出す時のETCの取り扱いについてまとめてみました。

車を下取りに出す時のETCの取り扱いは?

ETCは、取り外すことはできますが、取り外しにお金がかかるのと、場合によってはみなさんの愛車の価値をダウンさせることにもなりかねません。

ETCを取り外すのを自分で行うのはよほどの自動車に関する知識とスキルを持っている人以外やめておいた方が無難でしょう。そのため、多くの場合カー用品店などにお願いして取り外してもらう形になります。

しかしこの時、工賃を負担しないといけません。ETCの場合、取り付けよりも取り外しの方がお金のかかる傾向があります。店や機種によって多少の違いがあるでしょうが、少なくても1万円くらいの取り外し費用が掛かります。

最近のETCを見てみるとリーズナブルな価格で販売されているものも多く、5000円くらいで販売されている機種もあるので、1万円以上の工賃を出すのはちょっともったいないでしょう。

ETCを取り外すとマイナス評価になることも

また、取り外すことで、自動車の価値が下がり、下取り金額が安くなる恐れもあります。中にはビス止めをしているようなものもあるかもしれません。それを取り外した場合、車のダッシュボードなどに穴が開いてしまうこともあり得ます。

あえてダッシュボードに穴の開いている中古車を購入したいと思う人はほとんどいないと思うので、下取り金額も安くなるわけです。もし価値を下げないようにするためには、穴をふさぐとか別の機器をその部分に取り付けないといけなくなります。

高査定につながる機種とは

このようなリスクを考えると、ETCは取り外さずにそのままの状態で下取りに出した方がより良い査定金額のつく可能性が高いわけです。ちなみにETCそのものの下取りにおける査定の評価がどうなるかですが、ついている機種によって異なります。

もし純正モデルをそのままの状態で使っていて売却するのであれば、高い査定金額が付くでしょう。しかし社外パーツの場合、プラス査定になることはまずないでしょう。その社外パーツが人気のモデルであったとしてもです。また純正品でも、古いモデルの場合プラス査定にならない可能性が高いです。

自分で取り外すのは高リスク

自分で取り外しをすれば、工賃はかかりません。しかしあまり詳しい知識を持っていないのに、無理に取り外そうとすると状況がより悪い方向に転がる恐れもあります。

電装関係はただ物を取り除けばいいというものではありません。配線も意識しないといけないですし、下手にいじると車そのものの配線に悪影響をもたらす恐れもあるので注意しましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*