ドライブレコーダーの取り付け費用や作業時間はどれくらい?

車の買い替え

交通事故が起きたときに、当事者同士の言い分が食い違って問題が長期化しないように、ドライブレコーダーを設置する人も増えています。今回はドライブレコーダーの取り付け費用や修理期間についてまとめてみました。

ドライブレコーダーの価格はどれくらい?

ドライブレコーダーを車内に設置しておけば、事故の一部始終を画像として記録してくれるので有力な証拠となります。業務車だけでなく、いざというときのために自家用車に取り付けるケースも増えてきています。

ドライブレコーダーのコストですが、本体費用と工賃とに分類されます。本体費用ですが、どのようなタイプのものを取り付けるかによって価格も変わってきます。

常時録画タイプは文字通り、運転している間の車内の様子をリアルタイムで記録していて、古くなったものから自動的に消去する方式です。このタイプの価格は安いもので3000円、高いものだと2万円くらいします。

衝撃感知型は、事故による衝撃をセンサーなどで感知して録画する方式です。必要なところだけをピックアップして録画するので、先ほどの常時録画よりも容量を効率的に使用できます。

しかしあまり強くない衝撃だと録画が作動しない恐れもあります。衝撃感知型は少々値段が高くて、5000円から3万円で販売しています。最も高いのが多機能タイプです。カーナビやワンセグなどほかの機能も付いているもので、安いのでも1万円、高いのだと3万円くらいします。

ドライブレコーダーは別に安いのでも構わないと思っている人もいるでしょう。しかし安いものにしてしまうと画像が不鮮明で、事故の決定的な所が乱れて判別しにくくなるケースもあって、せっかく取り付けたのに意味なしになることもあり得ます。

ドライブレコーダーの取り付け費用や修理期間はどれくらい?

ドライブレコーダーの取付費用ですが、工賃は5000円程度が相場になります。そもそもそれほど難しい作業ではありません。おそらく業者にお願いして取り付けたとしても、1時間くらいで作業は完了するはずです。商品を購入して、その場で取り付けを依頼して、その日のうちに車に乗って帰れる感じです。

ちなみに自分でドライブレコーダーを取り付けられるようなタイプもあります。シガーソケットから電源が取れるような機種であれば、配線などがむき出しになるので見た目が悪くなるかもしれませんが、工賃を負担する必要がなくなります。

接着シートの上に取り付けて、シガーソケットにつなげるだけなので専門知識のない人でも簡単に作業できるはずです。旅に出たときにその時の景色を録画するなど他の利用方法もありますので、興味のある人は設置してみてはいかがでしょうか?

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。