車の売却で準備する3つの必要書類|再発行はどこで出来る?

車の買い替え

車を売ろうと思って車買取店で査定をしてもらったら思っていたより高額な査定が出てラッキー!すぐにでも売りたいのに必要な書類が揃ってなくてお預け・・・。なんてことにならないように、車を売ろうと思っている人は、ここで挙げている必要書類を事前に準備しておきましょう!

車を売却する時の必要書類

車を買取業者などに売却する場合、事務手続きはお店の人が代行してくれると思います。ですから自分で何かをするということはないでしょう。ただし名義変更などの手続きをする時に、いくつか必要書類が出てきます。買取業者の方で売却にあたって教えてくれると思いますが、再発行が必要で全ての書類が揃うのに時間がかかる場合もあるので、以下の書類をあらかじめ準備しておきましょう。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車納税証明書

これらの書類は通常、車のダッシュボードなどに保管していることが多いでしょう。しかし中には紛失してしまって、どこにやったかわからないという人もいるかもしれません。その場合には該当する部署で再交付の手続きをお願いしなければなりません。

車検証の場合運輸支局で、自賠責保険証明書は加入した保険会社で、自動車税納税証明書は各都道府県にある税事務所で手続きすることになります。尚、軽に乗っている人は納税証明書の再発行は市区町村の役場になりますから注意しましょう。

その他必要なもの

  • 実印
  • 印鑑証明書

上記に挙げた必要書類以外に契約書に捺印するための実印と印鑑証明書が必要になります。印鑑証明書は市区町村役場で交付してもらえます。ただし印鑑登録をしていないと証明書は発行できません。登録をしていない人は同じ役場で登録手続きをしたのち、印鑑証明書を発行してもらう流れになります。ちなみにこの印鑑証明書ですが、発行から3か月以内のものでないと必要書類として認められません。

車の売却時にオートローンが残っている場合

オートローンを使って購入した自動車を売却しようと思っている人もいるでしょう。そして中には、まだ残債がある段階で売ろうと思っている人もいるかもしれません。基本的にはローンがまだ残っている状態でも売却はできます。

しかし、ローンが残っている場合は車検証を見ると、所有者の欄がディーラーとかローン会社になっているはずです。ここで、自分が所有者じゃないと知ってびっくりする人もいますが、要はローンが完済されるまでは、普段自分が車を乗っていても、書類上はディーラーとかローン会社が所有していて、乗っている本人は持ち主ではないわけです。

持ち主でもないのに勝手に売り出すことはできないですから、名義を自分に変更してから売らないといけません。通常、買取金額が残債よりも多ければ、そのお金を使って一括返済ができます。それをもって、所有者の名義を変更できます。

もしローンを組んで購入してまだ返済完了していないのであれば、一度買取業者に相談してみると良いと思います。その他でも売却の書類や手続きに関してわからないことがあれば、買取り業者のスタッフに質問するのがおすすめです。優良なお店であれば、どんな些細な質問でも分かりやすく回答してくれるでしょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*