新車の値引き相場はどれくらい?安く買う交渉のコツとは

車の購入

新車の購入は何百万円単位となるので、普通の人にとってはそれなりに大きな買い物です。特に新車で購入する場合は家の次に高価な買い物と言えるかもしれません。新車もできるなら少しでも安く買いたいですよね。そこで今回は、気になる新車の値引きの相場についてまとめてみました。

そもそも新車を買う時に値引きしてくれるの?

単刀直入に言うと、自動車購入するにあたって、販売店に値引き交渉を持ちかけることが可能です。中には値引きをしない販売店や値引きしてもらいにくい車種もありますが、多くの場合値引き交渉を上手にすることで値引きしてもらうことが可能です。場合によってはかなりの値引きを引き出すこともできるかもしれません。

新車の値引き相場はどれくらい?

ただしやみくもに「安くしてくれ」と言っても相手も商売の手前、交渉に応じてくれません。相手が値引きに応えられるくらいの幅で交渉を持ちかけることが大事です。車種や購入時期、下取があるかどうかなどで多少相場も変わってきます。

では、どのくらいなら値引きが可能かというと、5~15%程度の値引きに対応してくれるお店は結構あるようです。

もちろん、全ての車が値引き可能かというと、中には値引きに全く応じられないものもあります。たとえば有名なブランドとか輸入車などは、交渉を持ちかけてもお店側が乗ってこない可能性は高いです。

値引きしてもらう交渉術

新車を購入する場合、「あのお店ではこれだけ値引きしてくれましたよ」と持ちかけるとディーラーも別のお店にお客を取られたくないので、価格の切り下げに対処してくれることも多いです。

しかし中古車販売店の場合、コンディションがそれぞれ異なるので他に店と競合させて値引きを引き出すのは簡単なことではありません。

そこでチェックしたいのが、見積書です。見積書の中にはいろいろな内訳とその費用が記載されています。その中でも諸経費に注目しましょう。諸経費の中には本体以外の価格、税金をはじめとした法定費用と手数料が記載されています。

法定費用は国で定められているので動かせませんが、手数料の値引き交渉は案外しやすいといわれています。本体価格は下がらなくても、代行費や車庫証明費用を撒けてもらえることは結構でき、なかなかの節約効果も期待できます。

値引き交渉時の注意点

中古車の場合も、5~15%程度の値引きが相場になってくるでしょう。しかし中には、簡単に渉が進んで先ほど紹介した相場よりもどんどん価格が下がることがあります。

一見すると話がこちらペースでうまくいっていると思うかもしれません。しかしやけに相手が交渉に積極的な場合には、注意した方が良いでしょう。そういった場合は、何かしら問題を抱えている可能性があるからです。例えばメーターの改ざんが行われているとか、前のオーナーに何か問題のあるいわくつきとかも考えられます。あまりに話がうまくいきすぎるときには何か裏があると思って、いったん頭を冷やすことも大事ですよ。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*