ディーラーで中古車を買う時の値引き交渉術教えます

車の営業マン

ディーラーでは新車の他にも中古車も取り扱っています。販売店よりもディーラーの方が整備もしっかりしていそうということで、中古車を買い求める人も多いようです。今回はディーラーで中古車を買う時の値引き交渉術を紹介します。

値引きを持ちかけてみましょう

ディーラーで中古車を購入するにあたって、値引きの交渉はなかなかやりにくいのではないかと思っている人も多いようです。結論から言いますが、値引き交渉を持ちかけると結構相手が乗ってくることも少なくないのです

もちろん絶対にそうなるという保証はないものの、交渉を持ちかけてみるだけの価値は十分あります。ただしやみくもに持ちかけても、相手もペースに乗ってこないので、工夫をする必要があります。

ディーラーで中古車を買う時の値引き交渉術

まず絶対にやっておきたいことは、好みの車が見つかったところでその見積書をとっておくことです。見積書を見てみると、本体の価格以外にもいろいろな費用が書かれているはずです。その中でカットできそうなものがないか確認しましょう。

おそらくたいていのディーラーの見積書の中には、登録代行費用と車庫証明代行費用が含まれているはずです。実はこの両者ですが何も業者にお願いする必要はなく、自分で手続きすることも可能です。手続きはそれほど難しいことではないので、値引き交渉の時に材料として使ってみましょう。

ちなみに業者に依頼した場合2万円前後かかるのが相場ですが、自分で手続きをすれば印紙代3000円程度で済みますので、かなりのコストカットになります。

その他にも納車費用もあれば、削れないか交渉しましょう。納車費用とは簡単に言えば、購入した車を自宅に持ってきてもらうことです。でも何も自宅に持ってきてもらわなくても、自分がディーラーに行って引き取ってもいいわけです。そうなると業者や自宅までの距離にもよりますが少なくても5000円、高ければ2万円くらいコストカットできます。

これらの交渉ですが、割合スムーズに話もできるでしょうから見積書のチェックは絶対に怠らないことです。

他店の情報を持って交渉しましょう

値引き交渉をする時に有利に話を進めるには、情報を握っておくことが大事です。具体的には他店の販売価格の情報を握っておくことです。そして「ほかでもっと安く販売している車があったから、どっちにしようか迷っている」と伝えましょう。

そうすればディーラーとしても売り上げを少しでも上げたいのが本音ですから、他にお客さんをとられるくらいなら、できる限りの値引きに応じてもいいとなります。

このように相手に値引きせざるを得ない環境を作り出すことが大事です。インターネットを使えば、多店の見積もりなども一括で出せるので活用してみましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。