ディーラーで中古車を買うときに値引きは可能でしょうか?

車の営業マン

ディーラー系でも中古車を取り扱っています。中古車の場合、新車と比較すると安値で販売されているので、値引き交渉はできないのでしょうか。今回はディーラーで中古車を買う時の値引きについてまとめてみました。

ディーラーでも中古車の値引き交渉は可能

しかし結論から言いますが、すべてのディーラーとは言わないものの、中古車の値引き交渉に応じてくれることも珍しくはありません。値引きに対応してもらうためには、いくつかのポイントをしっかり押さえることです。

安くして欲しい理由をはっきりと伝える

まずはなぜ価格を安くしてほしいのか、その理由を明確に相手に伝えることです。中には「とりあえず安くしてくれませんか?」といった、漠然とした持ちかけ方をしている人も多くいます。

しかしこれではなかなか相手も乗ってきてくれません。そこでたとえば「今の金額から○万円引いてくれれば、何とか資金を準備できる」とか「後○万円安くなればローンの返済も何とか出来そう」といった具体的な理由を提示するのです。相手も商売をしていますが人間です。「そういった事情があれば何とか力に…」という気持ちになるかもしれません。

諸費用で値引き交渉をしてみる

値引き交渉をするにあたって、本体の価格で何とかしようと考える人も多いです。しかし自動車の費用ですが本体価格の他にも、諸費用がいろいろとかかっています。

もし本体の費用で価格を下げるのが難しそうだなと思ったのであれば、この諸費用を使って交渉してみることです。ディーラーの場合、本体よりも諸費用で値引き交渉した方が効果も高いと言われています。

たとえば持ち掛けやすい費用として、納車費用や車庫証明の代行費用があります。いずれも自分で車を取りに行く、警察署に行って車庫証明をとれば、代行してもらう必要がなくなります。数万円程度の割引効果と同じことになるかもしれないので、交渉を持ちかけてみるだけの価値はあるはずです。

オプションを活用してみる

値下げが難しい、諸費用のカットもできるだけのことはやってしまったというのであれば、オプションを活用してみる方法もあります。

つまり「この価格で購入しますから、何かオプションをつけてもらえませんか?」とか「このオプションをつけるので値引きしてもらえませんか?」といったように持ちかけるのです。

オプションと言っても、ナビやタイヤ、ホイールいろいろな種類があります。自動車にあまり詳しくない人の中には、「オプションをつけると言っても何をつければいいのかわからない」という人もいるでしょう。その場合には、「何をつけられますかね?」とスタッフに聞いてみるのもおすすめの方法です。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。