トランスミッションのCVTとATの違いとはどんなこと?

いろんな色の車

車を動かすためには動力源のエンジンの他にもトランスミッションという変速装置が欠かせません。今回はその中でcvtとatというトランスミッションの違いについてまとめてみました。

トランスミッションとは?

車を運転するときに町中のような中低速で走ることもあれば、高速道路のように高速域で走行することもあります。そのたびにエンジンの回転数を変える必要があります。トランスミッションはエンジンの回転をその時々の条件に合わせるための装置です。

atとは?

atとはよくオートマ車と呼ばれる車のことで、自動的に車がギアを選んで走行してくれるタイプです。例外は多少あるものの、普通に運転している分にはDにギアを入れれば後はどこでもドライブできます。

クラッチもないですし、ドライバーはハンドルの操作とアクセル・ブレーキワークだけに集中すればよく、運転初心者向けの車といえます。

ちなみにオートマの対義語としてマニュアルがあります。こちらは自分でギアを操作して適切な運転状況をコントロールする方法です。高度なドライビングテクニックが求められます。

cvtとatの違いは?

また最近の車種を見てみると、しばしばスペックでcvtというワードが出てきます。このcvtもatと一緒で、運転しているときにギアを入れ替える必要がありません。

このため、ストレスもあまり感じることなく快適に運転できます。ではatとどこに違いがあるかですが、ギアのあるなしにかかっています。

atの場合、車で自動的に変速してくれますから、自分で操作する必要はないものの、いくつかギアはあります。しかしcvtの場合はatとは違い、もともとギアそのものがありません。無段変速機と呼ばれることもあります。

金属のベルトを使ってブーリーやツナギを変えることで、ギアなしで、いつでも適切なエンジン回転数で運転できるようにしています。

atとcvtの違いですが、走りの面でも出てきます。cvtの方がatと比較して、より滑らかに走行できるといいます。

また動力の伝達効率も優れているので、無駄なガソリンを消費する必要がなく、燃費向上にも貢献しています。今後はますますcvt搭載の車が増えるのではないかと見られています。

atやcvtのようなギア操作をいちいち行わない車が日本ではどんどん主流になっています。やはりマニュアルのようなギアをいちいち変えたり、クラッチにつないだりといった余計な作業のない方が気軽に運転できるからです。今では日本のマーケット全体でマニュアルが占めるのは1割程度だといわれています。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。