車の下取りに必要な印鑑証明|何枚必要?有効期限はあるの?

印鑑と朱肉

車を下取りに出して買い替えをするためには、事務手続きを済ませる必要があります。その時にいろいろと必要書類を準備しなければなりません。必要書類の中でも普通自動車の下取りの手続き時には、印鑑証明が必要です。今回は、車を下取りに出す際に必要な印鑑証明についてまとめました。

車の下取りに印鑑証明はなぜ必要

車の下取りになぜ印鑑証明が必要なのかというと、売却の契約などをする時の印鑑は実印でないといけないからです。印鑑証明を発行してもらうためには、印鑑登録をしておかないといけません。もし印鑑登録をしていないのなら、自分の住んでいる市区町村役場で手続きをしましょう。手続きをすれば、すぐに証明書は発行してもらえるはずです。

印鑑証明ですが、2枚必要になりますので必ず2枚準備するようにしましょう。また、手続きをする日から1か月前以内に発行されたものでないといけません。あらかじめ早めに交付を受けても、有効でなくなる恐れがあるので注意が必要です。

印鑑証明の住所と現住所が違う場合

引越しする際に車を買い替えるという場合など、車を下取りに出すタイミングが引越しの直後だったというケースもあるでしょう。その場合、車検証と印鑑登録証明書に記載されている住所が一致していないことも出てくるはずです。その場合には両方とも同一人物のものであることを証明できるような、一貫性の根拠になる書類も準備しないといけません。住所が異なる場合には、住民票や戸籍の附表とか、住民票の除票が必要です。

結婚などで名前が違う場合

そのほかにも結婚をして姓が変わったという人もいるでしょう。もし結婚して車検証の所有者と印鑑登録の名義が異なるのであれば、戸籍謄本を準備しないといけません。このように書類の情報が異なっていると、余計に書類が必要になります。ですから、引越しや結婚などで情報が変わったら、早めに変更の手続きを済ませておくことよいでしょう。

ちなみに軽自動車を下取りに出す場合には、印鑑登録証明書を提出する必要はありません。また契約などの手続きをする際にハンコが必要になりますが、実印ではなく認印でも問題はありません。

下取りでその他に必要な書類

マイカーを売却する場合、自動車納税証明書を提出しないといけません。もし税金を納めていなくて滞納の状態のままできているのであれば、売却ができなくなります。速やかに税金を支払いましょう。滞納していると、従来支払うべき税額に遅延金を上乗せすることになるでしょう。余計なお金を支払わないといけなくなりますから、税金は期限通りにしっかり納税することです。

もし納税をしているけれども証明書をなくしてしまった場合なら、軽税事務所などに行って再発行手続きをしましょう。ちなみに再発行してもらうためには、手数料が必要になりますのであらかじめ理解しておきましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*