車の下取りに必要な書類と手続き|手数料を安くする方法とは

青い軽自動車

車を下取りに出すときの必要書類や手続きを知っていますか?下取りに出した時に書類不足などで手続きが進まないことがよくあります。印鑑証明など役所に行かないと手に入らないものもあるので、早めに準備をしておくようにしましょう。今回は、車を下取りに出すときに必要な書類と手続きについてまとめてみました。

車を下取りに出すときの流れ

自分の愛車を下取りに出すときには、事務手続きをする必要があります。初めて下取りをする人のために、簡単な流れを紹介しておきます。

まずは新しいマイカーを購入しようと思っているディーラーや販売店などに行って査定の依頼をします。すると査定士が皆さんの愛車のチェックをして、査定金額を提示します。もしその査定金額に納得できれば、買い替えをする形になります。

下取りの手続き

下取りの手続きが自分にできるのか不安という人もいるでしょうが、基本的に必要な書類さえ準備すれば、後はディーラーのスタッフが作業してくれます。ですからあまり心配する必要はないです。言われた書類を持参して、おそらく何か所か印鑑を押すように指示されるのでその通りにすれば、前のマイカーの売却と新しいマイカーの契約手続きの両方が完了するはずです。

下取りに出す時の必要書類

では必要書類としてどのようなものがあるでしょうか?

  • 車検証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証

まず車検証や自動車税納税証明書、自賠責保険証などの皆さんのマイカーに関するものを準備します。

  • 実印
  • 印鑑証明書(2枚)

また先ほども紹介したように、印鑑を押す手続きがありますので実印を準備しましょう。加えて実印であることを証明するために、印鑑証明書も必要です。印鑑証明書は2枚必要で、発行から1か月以内のものでないといけません。印鑑証明を得るためには、まずはお手持ちのハンコを印鑑登録しておかないといけません。登録手続きをしていないのであれば、まずは役所で登録の手続きをしましょう。

軽自動車の場合

最近ではマイカーとして、軽自動車を所有している人も多いでしょう。この場合、普通車を下取りに出す場合と若干書類が変わってきます。

  • 軽自動車納税証明書
  • 認印

軽自動車を下取りに出そうと考えている人は、軽自動車納税証明書を準備しなければなりません。また契約書などに押印するためのハンコが必要です。しかしこのハンコですが実印ではなく、認印でも構いません。このため、印鑑証明を準備する必要もなくなります。

車を下取りに出すとディーラーに手数料をとられる?

先ほども紹介したように、通常事務手続きはディーラーがやってくれます。
しかし、事務手数料などがとられている場合もありますから、注意しましょう。見積もりを見ましょう。すると「下取り手続き代行手数料」とか「下取り査定料」といった項目が含まれて、査定金額から差し引かれている場合も多いです。

これらの項目があった場合、ディーラーと交渉してみましょう。実は交渉次第では、このような手数料をカットしてくれるケースもあります。絶対大丈夫という保証はないですが、交渉してみる価値はあります。契約書や見積書を渡されたときには、きちんと内容を確認して納得したうえで押印しましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*