車の下取りでメーカーによる違いは?査定額を上げる交渉術

赤い車

買い替えなどで車を下取りに出す際、製造元のメーカーに出さないといけないと思っている人が多いようですが、実際は他のメーカーに下取りに出すことも可能です。今回は、車の下取りで自社メーカーと他社メーカーで違いがあるかについてまとめてみました。

車の下取りで自社メーカーと他社メーカーとで違いはあるの?

車を買い換える時に、たとえば今持っている車とは違うメーカーの車を新たに購入したいというケースもあると思います。その場合は、異なるメーカーに下取りに出しても問題はありません。

中には、下取りはしてもらえたとしても、他社メーカーだと査定金額が安くならないかと心配している人もいるようですが、基本的にメーカーによって下取りの評価額に大きな違いが出ることはあまりないようです。

査定額に大きな差が出ない理由

査定に違いがない理由ですが、引き取った自動車がどのように処分されているかを考えればお分かりいただけるはずです。まず同じメーカーであれば、系列の販売店のルートを持っているはずですから、こちらに流していきます。

では、異なるメーカーの場合どうなるかというと、異なるメーカーの車を販売するルートも多くのメーカーは確保しています。でなければ、そもそも違うメーカーの車を引き取ってくれることがない訳です。そのようなことから、今持っている車のメーカーに下取りに出すのと、他社メーカーとで査定額に大きな違いが発生することはないと言えるでしょう。

交渉次第で査定額がアップする?

実は、この査定額に大きな違いがないことを理解していれば、それをうまく交渉の場で活用できるかもしれません。

例えば皆さんが今ホンダのN-BOXに乗っているとして、ワゴン車がほしかったと仮定します。この時ホンダのステップワゴンを第一希望にして、押さえに日産のセレナを選んでおきます。

そこでまず、日産のメーカーに行って、下取りをお願いします。その時の見積書を持って、ホンダのメーカーに行きます。下取りの査定に大きな違いがないですから、日産の下取り金額の方が良い場合も出てきます。

この時「先日、日産のメーカーに行ったのですが、セレナを購入するのであればN-BOXをいくらで引き取ってくれると言われました」と持ちかけます。

ホンダの営業マンからしてみれば、「このままいくとお得意様を日産にとられてしまうかもしれない」と考えるでしょう。そこで日産の提示した査定金額よりも高くして、詰まり値引きを大きくしてホンダにつなぎとめようと考えるはずです。このようにメーカー間を競わせることで、より大きな値引きを引き出すといった交渉も可能になります。

複数のメーカーに下取りに出すと、相場もだんだんわかってきます。業界にいる人間でもない限り、営業マンの提示した金額が妥当かどうか判断できないでしょう。しかし複数の所で査定をお願いすれば、大体の相場観が培え、相手ペースで話を進めずに済むわけです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*