車のオーナーになる人に税金の種類を教えます

車の購入

これから初めて車を購入しようと思っている人もいるでしょう。購入するにあたって、車両本体の価格以外にも負担すべきコストに税金があります。今回は車のオーナーになる人のために税金の種類についてまとめてみました。

車にかかる税金の種類はいろいろある

車を購入すれば、さまざまな種類の税金がかかります。家計のやりくりをつつがなく行うためにも、どのような種類があって、いくら程度かかるのかを頭に入れておくべきです。

自動車税の場合

まずは自動車税が考えられます。こちらは毎年4月1日時点で所有者に対して課税されます。税額がどうなるかですが、マイカーの排気量によって決められます。

  • 1000㏄以下・・・ 2万9500円
  • 1500㏄まで・・・ 3万4500円
  • 2000㏄まで・・・ 3万9500円
  • 2500㏄まで・・・ 4万5000円
  • 3000㏄まで・・・ 5万1000円
  • 3500㏄まで・・・ 5万8000円
  • 4000㏄まで・・・ 6万6500円
  • 4500㏄まで・・・ 7万6500円
  • 6000㏄まで・・・ 8万8000円
  • それ以上  ・・・11万1000円

となります。

重量税の場合

また重量税も車の所有者にかけられる税金の種類の一つです。文字通り、自動車の重量に応じてかけられる税金です。車検の時にかかる税で、新車の場合最初は3年分、それ以降は2年分を前払いすることになります。

車検を受けるにあたって、法定料金の中に含まれ、負担する形をとっています。ちなみに中古を購入した場合、もしかすると車検がまだ残っている可能性もあります。この場合、残り期間の重量税に関しては新しいオーナーが支払う必要はありません。

取得税、消費税の場合

車関係の税金の種類の中で、取得税もあります。文字通り自動車を購入して取得した時にかかる税金のことです。

上で紹介した2種類の税金に関しては、1年か2年に1回、繰り返し負担をしなければなりません。しかし取得税に関しては、購入した時1回だけ税負担することになります。

税率は種類によって異なり、普通自動車は5%、軽自動車は3%です。いわゆるエコカーと呼ばれるものであれば税率が優遇されるので、課税額が少なくなります。

この取得税ですが、その時々の時価をベースにして税額を算出します。中古の場合、時価が50万円以下のものもあります。もし50万円以下のマイカーを購入した場合は、取得税に関しては非課税になります。

また商品を購入する以上、消費税もかけられます。消費税ですが、通常本体価格に含まれて掲示されているはずです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。