1500ccと2000ccの車の税金はどれ位?エコカー減税は?

featured-image-car33

車を購入する時に見落としがちなのが、購入しようと思っている車の維持費。車の維持費の中でも大きな割合を占めるのが車の税金です。本体の価格はもちろんですが、税金を含めた車の維持費がどの程度かかるのかも考えたうえで自分にとって最適な車を選ぶようにしましょう。

1500ccと2000ccの車の税金はどれくらい?

車関係の税金はいくつかありますが、中でも毎年課せられるのが自動車税です。自動車税とは毎年4月1日の時点で車を保有している人を対象にかかる税金のことです。

この自動車税の税額は、車の種類や用途、そして排気量によって異なります。そこでここでは自家用車を購入すると仮定して、1500ccと2000ccのものを購入した場合についてのシミュレーションをしてみます。ちなみにこれから紹介するのは、2016年時点における税額です。もしかすると今後税制の見直しが行われるかもしれないので、その場合には最新の情報でシミュレーションしましょう。

2016年時点の税額を見てみると、1500cc以下のものであれば、年間の税金は34500円となります。これが2000cc以下になると39500円となります。つまりこれだけでも、年間5000円の負担額の違いになるわけです。

エコカー減税

ただし現在販売されている車の中には、いわゆるエコカーと呼ばれるものもたくさんあります。国の定めるエコカーの基準をクリアしている場合、エコカー減税が適用されます。そうすると上で紹介したよりも税金の額は少なくなります。

エコカー減税の基準となるのは、平成17年基準低排出ガスから50%と75%の低減に成功している車種が対象となります。もし1500ccで50%軽減をクリアしていれば、税金は17500円となります。そして75%軽減を満たしたものだと9000円です。2000ccの場合を見てみると同じく50%軽減で2万円・75%軽減だと1万円となります。ただしこれはあくまでも新規登録の翌年度の1回のみの適用になります。その後はエコカー減税前の税額になります。

1500cc以下と2000cc以下の車の自動車税のまとめ

1500cc以下 2000cc以下
年間の税金 34500円 39500円
エコカー減税:50%軽減をクリアしている車種 17500円 20000円
エコカー減税:75%軽減をクリアしている車種 9000円 10000円

※エコカー減税は新規登録の翌年度の1回のみの適用でその後はエコカー減税前の税額になります。

こうしてみると、エコカーではないものだと1500ccと2000ccの税額には結構な差があります。ところがエコカー減税対象になると、その額の差はそれほど大きくはなくなります。75%軽減基準を満たしているエコカーであれば、両者の税額の差はわずか1000円となります。

もしエコカー減税の対象の車種を購入するとなれば、2000ccの排気量でも自動車税はそれほど大きくなりませんこのような所も意識して、エンジンの排気量をどうすべきか比較してみるのも良いでしょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*