車の下回りが錆る原因と対策|早めに対処すべき箇所とは

古い車

車の下回りは錆ができやすい個所ですが、通常錆の起きそうな箇所には、防錆塗装がなされています。ところが走行しているときに路上にある小石など跳ねてしまうことがあり、これが下回りにコツンコツンと当たることによって、防錆塗装が剥げてしまうことがあるのです。今回は車の下回りが錆てきた時の対処法についてまとめてみました。

車の下回りの錆は早めに対処しよう

洗車の時などに車の下を覗きこんでみましょう。下回りの塗装が剥げて錆びているようなら早めに対処しないと、どんどん錆びが広がってしまいます。

マフラーの錆

下回りの中でも特に注意したいのが、マフラーです。マフラーにも塗装はしてありますが、運転しているときに温度が上昇してしまうのですぐに効果が薄れてしまいます。

マフラーは鉄製ですが、薄く作られています。このためいったんさび付いてしまうと、あっという間に穴が開いてしまいます。しかもひどい場合には腐食も進行してしまって、走行しているときにマフラーがそのまま道路に落下してしまうこともあり得ます。

錆を取り除くには

もし下回りに錆があった場合、すぐに修理に出さなくても初期段階であれば、十分に対処できます。

最近ではカー用品店に行くといろいろなタイプのサビ落としが販売されています。例えば塗るだけでこすらなくても大丈夫なものとか、研磨剤の入ったものまであります。初期段階の軽度のものであれば、比較的簡単に対処でき、少し錆がひどくなっていても金属のブラシやサンダーなどでこすることである程度までであれば取り除くことができるでしょう。

頑固な錆はこするというよりも削るような感じになるので結構な力仕事になり大変です。錆の対処は早ければ早いほど楽なので、洗車した時などにこまめにチェックするようにしましょう

サビ止め対策

また、サビ落としをしてそれでおしまいではなく、サビ止め対策をすることが大事です。ボディのサビ止めの場合、実質的なサビ対策の他にも見た目的にもきれいになるようにする必要があるでしょう。特に将来的に車の買い替えで下取りに出したり、買い取ってもらう場合、ボディに錆があると査定金額に影響があるので注意が必要です。

小さな塗装の欠け程度であればタッチペンなどで簡単に対処できるかもしれませんが、下回りとなると、塗装面も大きくなるので完璧な補修をするのは素人には難しいでしょう。そのため、ディーラーとか整備工場などにお願いした方が、費用は掛かりますがきれいに仕上げてくれるでしょう。

沿岸地域に住んでいる人は、波しぶきが風に乗って飛来することがあり、塩分によって腐食が進みやすいと言われています。その他にも雪国の場合、融雪剤や凍結防止剤が道路のいたるところで使われている可能性が高いです。そのような道路を走行すると、それぞれの薬剤がボディに付着しやすくなります。この融雪剤や凍結防止剤も腐食を誘発してしまうので、こまめに洗車するなどの対策が必要になってくるでしょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*