車の所有者と使用者の違いからディーラー所有になるかも?

車の購入

通常車を購入すれば、買った人がその所有者になります。しかし車検証を見てみるとディーラーなどの名義になっているケースもあります。今回は車の所有者と使用者の違いや、ディーラー所有になる理由などをまとめてみました。

車の所有者と使用者の違い

なぜこのようなことが起きるかですが、オートローンで購入したことによります。  オートローンとは、金融機関やクレジット会社などから融資を受けて購入することです。この場合完済する前の段階では、所有者はディーラーになってしまいます

ただし実際に運転している人は購入者なので、使用者は購入者となります。ちなみに車検とか税金は所有者と使用者のどちらが支払うかですが、使用者に支払いの責任があります。

ディーラーが所有者になる理由は、このようにオートローンを使って購入しているからが最も多いのですが、現金で一括購入しても所有者がディーラーの場合もあります。

なぜこのようなことになるかですが、購入と売却時の手続きが簡略されることが挙げられます。たとえば売買手続きをする場合、使用者であれば住民票だけを準備すればいいわけですが、所有者になってしまうと実印と印鑑証明も必要になって、なかなか面倒だというわけです。

その他にも転勤などで住所が変わったとか、結婚して名前が変わってしまった場合でも所有者になると書類集めに時間がかかってしまうからというのがあります。

ローンが残っている時の車の売却

ところでローンがまだ残っている段階で車を売却することは可能です。ただしもし所有者がたとえばディーラーなど本人名義となっていない場合には、所有権解除という手続きを行わないと売却ができません。

所有権解除ですが、譲渡証明書と委任状、印鑑証明が必要になります。印鑑証明以外は、所有名義になっているディーラーなりローン会社なりに連絡をすると取り寄せることは可能なはずです。ただしこの所有権解除をする場合、ローンの完済が前提条件となります。

もし車を売却することで、ローンの残債を売却益で完済できるのであれば問題ありません。しかし売却益を全部出しても、なおローンが残ってしまう場合が問題です。

この時例えば残りのローンを使用者が支払えるのであれば、所有権解除ができるでしょう。もし自前の資金で補てんできないというのであれば、例えば車の買い替えをする場合、新しく購入する際のオートローンに前のローンをつけ加えて返済するという方法をとることも可能です。

もしローンが残っているのに売却を検討しているのであれば、どのくらいの値がつくかをあらかじめ調べておくといいでしょう。一括査定サイトを利用すれば、皆さんの車のおおよその売却価格の相場がわかるはずです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。