車の走行距離の限界はどれくらい?限界を知る手掛かりは?

車のハンドル

車を買い替える判断材料の一つに走行距離があります。車はいったい何キロまで走れるのでしょう。いろいろな意見がありますが、その限界を知る手掛かりなど、今回は車の走行距離の限界についてまとめてみました。

車の走行距離の限界は10万キロ?

車の買取の査定の中で、よく走行距離の話が出ます。その中で走行距離10万キロを超えると限界だという話をよく聞きます。しかし勘違いしてほしくないのですが、10万キロを超えたからといって車そのものが限界を迎えるわけではありません

なぜ10万キロが基準になるかですが、日本の買取業界では10万キロを超える走行距離になると、車の価値はゼロに等しくなると考えられているからです。

よく発展途上国などを見てみると、日本語の書かれた車が走っていることがあります。その中には20万キロとか30万キロを超えて、現役でバリバリ走行しているものも珍しくはありません

日本車は高温多湿という精密機械にとって好ましくない環境の中で走れるように作られているので、もともと耐久性に優れています。ですから10万キロを超えたからといって故障するリスクが高くなるわけではないのです

車の限界を知る手掛かりは?

では具体的にこれ以上走行できないという限界はどのくらいでしょうか?これははっきり言ってケースバイケースです。乱暴な運転をしていれば寿命は早く来るでしょうし、ていねいに走行して、かつ定期的にメンテナンスをしていれば、20万キロでも30万キロでも走行できる可能性が高いのです。

では具体的にどのような症状が出れば、限界と考えればいいのでしょうか?まずはいろいろな個所で不具合が生じてくると、そろそろ限界に近いかなと思った方がいいでしょう

ブレーキの効きが悪くなったとか、エアコンをかけた時に変な音がするといったときには注意が必要です。またメンテナンスコストが前と比較して高くなった場合も要注意です。例えば部品交換をした時や修理代が以前と比較して高くなっている場合などは、そろそろ限界に差し掛かっていると思いましょう。

その他にも2年に1回のペースで車検を受けるはずですが、こちらの費用が前と比較して高くなった場合にも注意した方がいいです。さらには燃費が前と比較して悪くなっている場合でも、車のパフォーマンスがダウンしている、劣化が始まっていると推測できます。

廃車にする前に査定をしてみましょう

そろそろ限界が近づいていると感じた時に、廃車にしないといけないと思う人もいるようです。確かにこれ以上走行できないのであれば、価値はないと思うかもしれません。

しかしまず買取業者に査定をしてもらいましょう。一見するともはや価値がないと思われる代物でも、多少の査定金額が付くこともありえます。廃車にするといっても費用が掛かりますから、ダメもとで査定に出してみることです。一括査定サイトを利用すれば、だれでも自宅で簡単に簡易査定ができます

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。