車の修理はディーラーと整備工場どっちがいい?

白いエクステリア

車が故障した、どうも調子がおかしいとなれば、修理に出すことになります。ここで選択肢としてディーラーに持っていくのと、街の整備工場に出す2通りが考えられます。今回はそれぞれのメリット、デメリットについてまとめてみました。

ディーラーでの車の修理は高い?

一般的に言われているのは、しっかりとした整備を行うのならディーラーで、費用を安く抑えたいのであれば整備工場です。しかしディーラーの修理ですが、思っているほど高くないかもしれません。

なぜ高いと思われるかですが、見積もりが関係しています。実はこの見積書を作成する場合、ディーラーでは、悪くなっている可能性のある部分や部品全部を修理した場合の費用を提示することが多いのです。

つまりこちらが「この部分を直してほしい」と思っている以外の項目が多々含まれているのです。さらに部品にメーカーの純正品を使うため、割高になるのです

一方整備工場では、故障した部分の修理しか行わないのが基本ですし、部品でまだ使えるものであれば交換しないか、純正部品ではなく安上がりな社外品を使うなどして、費用を安くしているのです。

修理の打ち合わせ方がディーラーと整備工場では違う

整備工場の場合、実際に修理の担当をするメカニックがお客さんと打ち合わせをすることがほとんどです。このため、お客さんの要望を理解した上で見積もりを提示できます。次の車検で買い替えてしまうのか、丁寧な運転をする人かなども話をしていく中でわかるのでそれぞれの状況に応じてなるべく安い値段で直そうとするわけです

しかしディーラーの場合、メカニックが打ち合わせで出てくることはまずないでしょう。営業マンが担当しますので、使用状況などをメカニックが理解していないことも多いのです。その結果、「これを交換するとなれば、このパーツも交換しないとだめだろう」となってしまうわけです。

安心した修理を求めるのならディーラー?

ただし整備工場の場合注意しないといけないのは、工賃の問題です。かかった作業いかんから工賃を算出することが多いので、手間がかかる作業が伴うと工賃が高くなって、思ったよりお得ではなかったという事例も出てきかねません

その点ディーラーを見てみると、工賃の基準表がしっかりと決められているので妥当な値段を提示してくることが多いです。整備工場は安くてディーラーは高いという先入観を持って、車の修理を依頼すると失敗するかもしれません確実性を狙うのであれば、ディーラーに依頼した方が安心といえます

ただしたとえば整備工場が近所にあって、腕の良いメカニックがいると評判であれば、そこに持っていけば納得のいく整備を安い価格で行ってくれる可能性も高くなります。ただし近くに全く知らない整備工場しかなければ、ディーラーに修理をお願いした方が無難かもしれません。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。