車を10万キロ以上乗るために必要なメンテナンスとは

赤いセダン

走行距離10万キロを超えても、現役バリバリでドライブしたいのであれば、メンテナンスをこまめに行う必要があります。今回は、車を10万キロを超えても乗り続ける場合に必要なメンテナンスについてまとめてみました。

車を10万キロを超えて乗る場合のメンテナンス

車の部品の中には、経年劣化するパーツもありますので寿命が近づいてきたら交換することが重要です。

タイミングベルト

たとえばタイミングベルトですが、メーカーでは走行距離10万キロを超えても大丈夫と言っていますが、その前に歯が欠けたり切れたりする事例も多いようです。

もし、10万キロを超えても問題なく走行できていたとしても、いつ切れてもおかしくない状況にあることは理解しておいた方がよいでしょう。そのため、10万キロを超えても乗り続ける場合はタイミングベルトは交換しておいた方がよいと言われています。その他にもタイミングベルトの周辺の部品、具体的にはパワステやエアコンのベルト、ウォーターポンプなどを交換しておくとさらに安心です。

エンジンマウント

エンジンとボディの接続部分にゴムが取り付けられています。これはエンジンマウントと言って、エンジンの振動がボディに伝わらないようなクッションの役割を担っています。ゴムは年数が経過するとどんどん劣化してしまって、衝撃を新品の時のようにどんどん吸収しにくくなります。

乱暴に運転していると走行距離5万キロくらいで破損するケースも珍しくありません。ていねいに走行していたとしても、10万キロを超えてくるとヘタリが起きているはずなので、交換しておいた方が良いでしょう。

燃料フィルター

通常エンジンには、燃料フィルターというものがセッティングされていて、車が問題なく走る上でとても重要な役割を果たしています。

燃料フィルターはガソリンに含まれているゴミや水分をふるいに掛けています。燃料フィルターに問題があると不純物がエンジンに行ってしまい、燃料噴射ノズルやキャブレターに目詰まりを起こさせ、ひいてはエンジンそのものの不調をもたらすことがあります。

この燃料フィルターも燃料噴射仕様で10万キロが交換の目安と言われています。キャブレター仕様のものであればもっと早く、走行距離4万キロで交換するなどのメンテナンスをする必要があります。

バッテリー

車を走行させるにあたって、バッテリーも欠かせない部品です。バッテリーが正常に作動しなくなると、エンジンをスタートさせることもおぼつかなくなります。そこで10万キロを超えても車を運転したいと思っている場合は、バッテリーのメンテナンスにも注意すべきでしょう。

バッテリー交換だけでなく、オルタネーターの交換もメンテナンスする時には忘れないようにしましょう。バッテリーが新品でもオルタネーターが古いと電気を安定して供給できなくなるからです。

10万キロを超えて乗ろうと思っている場合でも一度、自分の車に査定額がつくのかを確認してみるのもよいでしょう。最近はインターネットを使うことで簡単に複数の買取専門店に査定してもらうことも出来るので一度試してみるとよいでしょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*