車のローン年数は平均どれくらい?

赤いミニカー

車を購入するにあたって何百万円、中古でも何十万円はどうしてもかかってしまいます。そこで自分たちで全額準備するのは厳しいという人のためにオートローンがあります。今回は車のローンの年数についてまとめてみました。

オートローンで分割払いができる

金融機関やクレジット会社ではオートローンと呼ばれる商品を取り扱っています。ディーラーに相談すると自社で取り扱っている商品を紹介してくれる場合もあります。

オートローンですが、月々いくらの分割払いで返済する形になります。金融機関によって、最大年数は少し変わってきます。しかし多くのところで、最大7年までとしているようです。

つまり最大84回払いまで対応していることになります。分割払いの回数を多くすれば、その分月々の返済額は少なくできます。しかし利息を余計に支払わないといけないので、結局返済総額は大きくなってしまいます。もちろん月々の返済ができないと元も子もありませんが、できるだけ短期間での返済を心がけることが大事です。

車のローンの年数は平均どれくらい?

ではオートローンですが、利用している人はどのくらいの年数で組んでいるのでしょうか?いろいろなデータを見てみると、3~5年というスパンで組んでいる人が多いです。

平均年数で見た場合、4年前後になるでしょう。もしオートローンを組んで自動車購入を検討しているのであれば、3年と5年を中心として返済計画を立ててみるといいでしょう。

インターネットのサイトの中には、返済期間や借入額などを入力すると、自動的に月々の返済額を計算してくれるものもあります。必要な数字を入力するだけで、すぐに結果が出ますのでより精密な返済計画を立てたければ有効活用することです。

ちなみにいったんマイカーを購入すると、平均で7年前後は保有する傾向が見られます。別に残債がある状態でも、自動車を買取りや下取りに出すことは可能です。

しかし残債を売却益で全額完済できればいいですが、売却益を使っても返済が終了しないと新しいローンを組み直す必要があり、なかなか面倒です。最大7年間の借入はできますが、保有期間の平均を考えると最大期間前に返済が終了できるような計画を立てた方がいいでしょう。

特に中古を購入する場合、商品選びをする時にいかに慎重に選んだとしても故障する可能性は少なからずあります。また新車であっても事故を起こすリスクも考えられます。故障や事故によって、廃車にしなければならない事態も今後十分想定できます。このようなアクシデントの起きる可能性も考えると、やはりできるだけ早めに完済できるように資金のやりくりをしておきたいところです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。