車の暖房が効かない時の対処法は?修理代はどのくらい?

車のダッシュボード

冬場車を運転しようと思って暖房をかけたところ、なかなか車内が暖まらないという経験はありませんか?実は暖房が効かないというトラブルは結構起こりうることです。今回は車の暖房についてまとめてみました。

車の暖房の仕組み

車のヒーターですが、エンジンを動かすことによって生じる熱を使っています。エンジンが回転すると熱を発しますので、ラジエーターの冷却水を使って冷まして、オーバーヒートが起こらないようにします。

冷却水でエンジンを冷ます代わりに、冷却水は温められます。この温まった冷却水をヒーターコアに送り込むことで、室内に暖かい空気を出しているのです。

車の暖房が効かない理由

暖房が効かない理由として、エンジンをかけてすぐにオンにしたことが考えられます。上で紹介した仕組みを考えると、エンジンをかけた直後はまだエンジンに熱が発生していないため、冷却水も温まりません。よって暖かい空気が出てこないのです。

そこでヒーターをかけるのであれば、エンジンを動かしてからしばらく経過してからにしましょう。目安としては、ダッシュボードの水温計をチェックすることです。水温計が上がってきたところで暖房をオンにすると温かい空気が出てくるはずです。

暖房システムが壊れている場合は?

もしエンジンをかけて時間が経過しているのに暖かい空気が出てこないのであれば、暖房システムの部品の中のいずれかが壊れている可能性が高いです。

その中でも多いのが、サーモスタットの不具合です。サーモスタットとは、温度を一定にする機能のことです。もしサーモスタットに不具合が生じていると、冷却水が常にエンジンに流れ込んでしまいます。すると気温が低い冬場だと、冷却水の温度が50度以下になって、ヒーターをつけても室内の温度がなかなか上昇しません。

他にもいろいろな個所の故障で不具合を起こしている可能性もあります。例えばヒーターに手をかざしてみると温かい風は出ているけれども温度がぬるいとか、逆に熱すぎることもあり得ます。

暖房システムの修理代

エンジンをかけてしばらくたったところでヒーターをつけてみて、なかなか暖房が効かないのであれば、車の内部に問題の生じている可能性が高いです。そうなるともはや素人がどうこうできるレベルではありません。

その場合にはディーラーや修理工場に修理に出すことです。ちなみに修理費用ですが、どの部分の修理が必要かによって変わってきます。上で紹介したサーモスタットの故障であれば、7000円くらいで修理できるでしょう。

しかしヒーターファンという部品が不具合を起こしていて、交換しなければならないとなると58000円くらいかかってしまいます。まずは原因の特定、費用の見積もりを出してもらうことです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。