エンジンの回転数が上がらない原因とは|修理費用はどれ位?

エンジンルーム

車の不具合が急に起きると本当に困ります。エンジンの不具合も意外と多く、アクセルを踏んでもなかなかエンジンの回転数が上がらないということもたまに起こります。今回は、エンジンの回転数が上がらなくなる原因や修理費用などについてまとめてみました。

エンジンの回転数が上がらない原因は?

エンジンの回転数が上がらない原因として、第一に考えられるのがスパークプラグもしくはコードの劣化です。長く車に乗っていると、プラグが点火部分で煤をかぶっているとか火花が飛ばなくなったことでエンジンの回転数が思うように上がらないことがあります。

スパークプラグもしくはコードなどが汚れている程度であれば、きれいにすれば機能は回復するでしょう。ただ問題なのは、プラグやコードが劣化を起こしている場合です。プラグやコードが劣化を起こしていると、漏電が起こります。その結果、プラグの火花を十分の飛ばせなくなって、エンジンの回転数が上がらない状態になっている可能性があるのです。

プラグもコードも消耗品ですから、走行性能に不具合を感じる前に早め早めに交換するのがおすすめです。ちなみにプラグの寿命の目安ですが、一般的なモデルだと2万キロ程度と言われています。イリジウムなどを使っている長寿命型のプラグでも、走行距離が10万キロを超えてきたら交換をした方が良いでしょう。

スパークプラグやコードの修理費用

プラグとコードの修理ですが、いずれも基本的に新しいものと交換することで対処します。交換にかかる費用ですが、プラグの場合安くて3000円、高いと2万円くらいになるでしょう。コードの交換はプラグと比較するとやや高めで、安くて5000円、高いものとなると3万円くらいかかると思っておいてください。

スパークプラグやコードの状態をチェックしよう!

プラグやコードは、走行距離10万キロが交換の目安と言われているので、該当する走行距離に差し掛かっている人は、プラグやコードの状態をチェックした方が良いでしょう。

エンジンの回転数がなかなか上がらない症状を抱えている人は、アイドリングの時に一度チェックしてみましょう。

エンジンをかけて、ギアをDに入れた段階で車内がぶるぶる震える感覚はありませんか?このぶるぶる震える症状というのは、プラグやコードなどのエンジン関連の部品に不具合が生じている可能性が高いです。頻繁に症状が出るのであれば、一度整備工場などに車を持っていって、おかしな箇所はないか専門のスタッフに確認してもらいましょう。

低年式とか走行距離がかなり長くなっている車の場合、このような不具合の起きる可能性は高いです。修理費も高くついてしまうので、乗り続けるのではなく、乗り換えて新しい車に交換してしまった方が良いかもしれません。一括査定サイトであれば、無料で簡単に車の価値がわかるので活用してみてください。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*