車のドアの交換にかかる修理費用や期間はどれくらい?

車の走行距離と寿命

車をぶつけてしまってボディが大きくへこんでしまい、板金塗装だけでは間に合わないときは、ドアの交換が必要になります。そんな時のために、ドアの交換にかかる費用や期間などをまとめてみました。

車のドアはどのように交換される?

車をどこかにぶつけてしまった場合、ひっかき傷のような感じであれば板金塗装などで修理することも可能でしょう。しかしたとえばかなり激しくぶつけてしまって、ボディが大きくへこんでいるような状態だと、ドア自体を交換しなければならないでしょう。板金塗装と比較すると、車のドアそのものを交換した場合は、かなりの費用が掛かると思っておくべきです

ドアの交換ですが、まず新品のものを準備します。ちなみに新品ですが、下塗りの状態で工場に持ち込まれるのが普通です。それぞれのボディに合わせて、カラーリングを施す必要があるからです。

そして壊れてしまったドアを取り外して、新しいものに付け替えるわけですが、例えばサイドシルなどにも損傷があれば、その部分の修理も併せて行わなければなりません。サイドシルの修理をしてから、新しいドアを取り付ける形になります。

その後、ガラスやミラーなども取り付ければ完成です。現在のメカニックの技術を持ってすれば、見た目には交換したとは思えないような仕上がりに持っていくことも十分可能です。

ドアの交換にかかる費用と期間

ではドアの交換を行った場合にどのくらいの費用がかかるかですが、小型乗用車であれば、部品代として35000円程度かかると思っておきましょう。そして交換するための工賃として12000円程度、ドアやサイドシルの塗装費用が36000円程度かかることが多いです。

またガラスやミラーなどを取り付けるのに3200円程度かかります。さらにサイドシルの板金費用が4500円くらいかかります。となると全て合計すると交換費用として、9万円以上かかる計算となります

そして修理に出してから車が手元に帰ってくるまでの期間ですが、上の内容であれば5日くらいはかかると思った方が良いでしょう。ただし部品などがなかなか見つからないというのであれば、さらに期間が長引く可能性もあります。

ドアを交換するのなら、買い替えも視野に

ドアをガードレールや壁などにぶつけて、広範囲にへこんでしまったのであれば、これだけの大掛かりな修理が必要になることは頭に入れておきましょう。全部を交換するとなった場合、買い替えをしてしまうのも一つの選択肢といえます。

このような事故を起こしてボディがへこんでしまったようなものでも、買取業者の中には引き取ってくれるところもあります。一括査定サイトを利用すれば、どの程度の価格で売却できるかが簡単にわかります。興味のある人は、サイトを使って買取金額の相場をチェックしてみませんか?

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。