自動車のエアコンが壊れた!修理代はどのくらい?

車の走行距離と寿命

自動車の故障はいろいろと考えられますが、その中でも比較的多く紹介されているのがエアコンの故障です。エアコンが壊れると本当に困りますよね。今回は自動車のエアコンが壊れたときの修理代についてまとめてみました。

ガスが原因で車のエアコンが故障した場合の修理代は?

夏になるとエアコンをフル回転しないと暑くて仕方のない時期もありますから、エアコンが壊れると本当に困ります。なぜ故障するかですが、いくつかの要因が考えられます。

まずガスの問題が考えられます。故障の最も多い原因です。エンジンルームにサイトグラスという窓があって、そこでガスの流れを確認できます。

もし気泡の混ざった液体が流れているようであれば、ガス不足は起きていないと考えられます。もし液体ではなく、泡状のものが流れているのであれば、ガス不足の可能性が出てきます。

この場合にはガスを補充するとか、ガス漏れが起きている場合にはその漏れている箇所の修理をしなければなりません。この場合の修理代ですが、ガス不足で補充するだけであれば、4000円くらいと比較的安価で済みます。ただしガス漏れが起きていると、修理代は23000円とグンと高くなります。

コンプレッサーが原因で車のエアコンが故障した場合の修理代は?

エアコンの故障の原因として、コンプレッサーがおかしいという可能性もあります。エンジンの下の方にあるはずで、丸い筒状のものがコンプレッサーです。

ボンネットを開けた状態で、一度エンジンをかけてみます。この時、カチッという音がすればコンプレッサーが機能している証拠になります。聞き取りにくいかもしれませんが、何度エンジンをかけてもそのような音がしないのであれば、コンプレッサーが正常に機能していない可能性があります。

ただしコンプレッサーそのものがおかしいだけでなく、先ほど紹介したガス不足でも起動しないことがあります。もしガス補充をしてそれでもコンプレッサーが動かないようであれば、コンプレッサーの修理・交換をする必要が出てきます。もしコンプレッサーの修理をするとなると、修理代もそれなりにかかると思った方がいいです。

車種にもよりますが、コンプレッサーの修理や交換となると、少なく見積もっても5万円くらいはかかると思った方がいいです。

自動車の中身は複雑な構造をしているので、素人が勝手に判断するのは危険です。購入したディーラーや販売店、近くの整備工場などで詳しい原因を調べてもらいましょう。

その結果、コンプレッサーが故障しているのであれば、高い修理代を負担するよりは、車そのものを買い替えてしまうのも一つの選択肢といえます。エアコンの故障はなかなか厄介な問題で、修理代も結構かかる可能性のあることは頭に入れておきましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。