自動車のエアコン修理代はどのくらいかかるの?

車のダッシュボード

自動車のエアコンが効かなくなる原因はいくつか考えられます。そしてガス漏れを含めて、パーツのどこかを修理することになれば、修理代がかかります。今回は自動車のエアコンの修理代についてまとめてみました。

自動車のエアコンの修理代の相場はどのくらい?

エアコンが効かなくなる原因には、ガス漏れやガス不足、ガスつまりを起こしている、コンプレッサーやファン、センサーなどのパーツの不具合・故障といったことです。

このうちのどれが原因かによって、修理代が安く収まることも高くなってしまうこともあります。ガスの補充だけで済むのであれば、おそらく4000円くらいの修理代で済むはずです。

しかしガス漏れを含めて、パーツのどこかに不具合があって修理することになれば、どうしても数万円単位の修理代がかかってしまいます。

ガスがつまる場合でも2万円、ガス漏れの修理は23000円、コンデンサーの修理であれば38000円くらいかかってしまうのが相場です。

厄介なのは、コンプレッサーやエバポレータといった部品が故障している場合です。これらの修理には、5万円くらいかかってしまうでしょう。

しかもこれは部品などの交換にかかる費用だけで、ここに工賃が上乗せされることも往々にしてあります。そうなってくると、コンプレッサーやエバポレータなどの修理をすれば10万円以上かかってしまうということも十分考えられます。

エアコンの故障で修理に出すのであれば、売りに出すことも考えましょう

もしエアコンが故障して修理に出すのであれば、見積もりを取ることが大事です。すでにある程度走り込んでいる自動車であれば、修理に10万円近くかかってしまうのなら売りに出してしまった方がいいでしょう。

ちなみに修理しないで査定に出せば、その分マイナスになります。しかし修理をしてもその費用分のプラス査定が出るかというと、まずそのようなことは起こりません。よって、そのまま出してしまった方が結果的にお得になるわけです。

エアコンは暖房よりも冷房を掛けるときに故障を起こす可能性が高い

エアコンですが、暖房よりも冷房を掛けるときに故障を起こす可能性が高いです。というのも冷房の場合、冷媒を圧縮させて膨張した時に熱を奪うことで空気を冷やします。この圧縮させるときに大きな負担を強います。

一方暖房は冷房と比較すると、構造そのものが単純です。暖房はエンジンを動かすときに発生する熱を、ファンを使って車内に送り込んでいるだけです。ですから使っているパーツも少ないですし、圧縮などの負荷のかかる工程もないので暖房は冷房よりも故障することは少ないわけです。

冬が終わって、初夏くらいの気温が上昇してきた時期に、車を売却する人は少なくありません。それはこのエアコンの不具合・故障をきっかけにして、というパターンが案外多いからです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。