車を10年乗り続けると車検が高い?買い替えが得な場合とは

古いフォルクスワーゲン

車はどんなに丁寧に乗っていても10年以上経つと色々な部品に不具合が出てくるので、10年以降の車検のタイミングで車を買い替えるという人が多いようです。今回は10年以上乗り続けた車の車検についてまとめてみました。

10年目以降の車検で買い替えるべき?

10年以上経過したマイカーを所有していて、そろそろ車検の時期が近付いているという人はいませんか?

そのマイカーがお気に入りでどうしても手放したくないというのなら話は別ですが、別にそこまでの思い入れがないというのであれば、マイカーの買い替えのちょうどいいタイミングといえます。なぜなら10年も経過すると、いろいろな部品に劣化が起きている可能性も高いからです。

少し前のときと比較して、ディーラーや整備工場に車検をお願いしたところ整備費用がグンと増えたということはありませんか?

長年乗り回していると、数多くの部品の交換や修理箇所が出てきてしまうものです。このため整備に手間取り、その分の費用が高く請求されるわけです。整備をきちんとこなしていても、またどこかで不具合の出てくる可能性は十分考えられます。ならば高い整備費用を出すくらいであれば、マイカーの買い替えを検討してみる価値もあるでしょう。

車を10年乗り続けると高価な部品の交換が必要に

実は10年を機に交換時期に当たる部品の中で、高額な費用のかかるものがあります。

タイミングベルト

たとえばタイミングベルトの交換時期にちょうど該当します。タイミングベルトとはエンジンを作動するための伝達装置のことです。タイミングベルトの交換にかかる費用は種類によっても異なりますが、中には5万円近くもかかるようなものも見られます。

オルタネーター

その他にはオルタネーターも10年経過すると寿命だといわれているので、交換する必要があります。オルタネーターはバッテリーへの電力を供給する装置で、エンジンを動かすために欠かせないパーツです。もしこのオルタネーターそのものを交換するとなると、何十万円もの費用が掛かってしまいます。

10年を超えると車の維持費が高くなる

車検でこれだけの出費を強いられるのであれば、マイカーを買い替えた方が良いと思いませんか?

日本車は世界的に見ても、かなり優秀だといわれています。耐久性にも優れていますし、10年をはるか経過したようなものでも現役バリバリで走行しているものはざらにあります。しかし10年を超えて長く乗り回すためには、今まで以上にしっかりとしたメンテナンスを施す必要があります。

自動車を実用的に利用していて、あまり詳しいことはわからない人であれば、細かなメンテナンスはできないと思います。ならば車検費用を負担する前に、新しいものに買い替えてしまうのも一つの手と言えるでしょう。実際多くの人が10年近くになったマイカーを売却して、新しいものと買い換えています。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*